赤い服を着ることは危険なシグナルになる?

恋愛

誰もが赤を着ることの意味を知っているので、気をつけましょう。

今、心理学の世界では赤がとても流行っています。

女性が最も妊娠しやすい時期に赤やピンクのドレスを着る傾向があります。

その一方で、男性は女性が赤い服を着るのは性的受容性の表れだと考えているという結果もあります。

しかし、重要な疑問はまだ解決されていません。

例えば、女性は自分の男性が他の女性が赤い服を着ていることに気付いて、保護的になったり、嫉妬したりするのでしょうか?

服の色により「軽蔑」または「母性保護」のいずれかの兆候があるかどうかを調査しました。

卑下とは、他人を悪く言って、その人が劣っている、望ましくない、好ましくないと思わせる一方で、自分はそれとは対照的に優れている、好ましいと思わせることです。

配偶者保護とは、自分の恋愛相手を他の人との恋愛や性的な出会いから守る行為です。

女性が赤いドレスを着ていると、女性は「軽蔑」と「マテガード」をする傾向が強かったです。

赤が何を意味するのか、着る人も、見る人も、見る人も、みんな知っているという証拠です。

赤を着ている皆さんは、自分の体に時限爆弾をかけていることを警告されているのです。

安全を期して、グレーの服を着た方がいいです。ワンポイントに赤を身につけることは、惹きつけることができて、モテにつながります。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました