デートで同じものを食べると恋愛に信頼関係が生まれ親密になれる!

恋愛

デートの際に信頼関係を築くためにも活用できそうです。

同じものを食べることは、人と人との信頼関係や親密さを促進します。

同じ食べ物を食べると、2倍早く合意に達し、お金も気前よく使ってくれることがわかりました。

デートの際に信頼関係を築くのにも使えるかもしれません。

人は論理的に物事を判断していると思われがちですが、食べ物の好みが思考に影響を与えることにはほとんど気付いていません。

非常に基本的なレベルでは、食べ物は人が協力して信頼関係を築くために戦略的に使用することができます。

一連の実験では、人々は似たような食べ物や似ていない食べ物を一緒に食べました。

その後、労働交渉を行ったり、ファンドマネジャーのふりをしたりしました。

食べ物の選択は単純で、異なる種類のキャンディーを食べました。

実験の結果、同じものを食べると、信頼感や協調性が高まることがわかりました。

同じものを食べると、「ファンドマネジャー」はより多くの企業に投資し、労働争議は半分の時間で解決しました。

選ぶ食べ物には、何か重要で親密なものがあるようです。

食べ物が力を持つのは、自分の体に入れるものであり、そのためには食べ物を信頼する必要があるからだと思います。

人と人をつなぎ、紛争解決を促進するために使われることを願っています。

次の目標は、食べ物を分け合うことが信頼や協力に影響を与えるかどうかです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました