歯磨き後の歯をすすぐことは、虫歯を引き起こす可能性がある?なぜか歯が痛くなる原因!

歯磨き虫歯美容

歯を磨くことは、生活の中で最も繰り返している儀式の一つであり、ほとんどの場合、自動的にそれを行っていることに気づくことなく、それを行っています。しかし、それは良い(または悪い)それを行う方法がないという意味ではありません。例えば、歯を磨くときにやっていることが虫歯の原因になっていることがあります。

そこで普段歯を磨くときに何をしているかを考えてみました。食事をしたり、歯を磨いたり、すすぎをしたりするのは当たり前のことなので、間違ったことをしているとは気づかないかもしれません。

歯磨きしていても虫歯になる理由

フッ化物は自分の歯磨き粉の心臓部であり、魂なのです。
歯を磨いた後に歯をすすぐと虫歯になることがあるという専門家の研究結果が出ています。

この驚くべき発明は、毎日使用することを意味し、成分の組み合わせを含む製品であり、その中で最も重要なのはフッ化物である。それは、その機能は、虫歯のような感染症の原因となる細菌から歯のエナメル質を保護することだからです。

これらの細菌は、歯の劣化の原因になりかねません。つまり、歯磨き粉を歯磨きに使うことで、正確には25%~45%程度、虫歯のリスクを減らすことができるのです。

男性用フェイスピーリングジェル 薬用『ピールショット』

歯磨きの時間も虫歯に影響を与える

歯磨き後のすすぎは虫歯の原因になると専門家が指摘
悲しいことに、ほとんどの人が歯を磨く時間は45~70秒程度です。これは、私たちが現代人としての生活を余儀なくされていることが関係しているのかもしれません。しかし、虫歯やその他の口腔衛生関連の病気を予防するために、約2分間の歯磨きを推奨しています。

すすぎ過ぎは歯を傷める可能性がある

歯を磨いた後に歯をすすぐと、専門家によると虫歯になることがあります。
歯磨き後に歯磨き粉の痕跡をすべて取り除くことは素晴らしいアイデアだと思うかもしれませんが、徹底したすすぎは実はそうではありません。または少なくともそれは、ダンディー大学の小児歯科臨床講師研究で明らかにしたものです。

彼によると、過剰なすすぎは歯磨き粉のフッ化物を自分の歯から洗い流し、それが提供する保護をより効果的にすることができますので、残留物を単に吐き出すことをお勧めします。



夜の歯磨きは思っている以上に大切

歯を磨いた後のすすぎは虫歯の原因になることがあると専門家が指摘しています。
同じ研究で、夜の歯磨きは非常に重要だとも言っています。

それは、眠っている間、起きているときと同じ量の唾液を生成しないからです。そのため、私たちの口の中では、虫歯の原因となるバクテリアのエサとなる唾液が簡単には排出されません。そのため、歯を磨いた後は食べ物を食べないようにと医師に勧められることが多いのです。

糖分が少ないほど虫歯になりにくい

歯を磨いた後に歯をすすぐことは、専門家によると、虫歯の原因になることができます。

WHOは、適切なテクニックに加えて、食品に含まれる添加物や砂糖の摂取量を1日のカロリーの10%以下に抑えることを提案しています。それによると、これは歯のケアに役立ちます。虫歯の原因となる細菌がこれらの糖分を食べてしまうため、加工されたジュースや飲み物よりも、果物を丸ごと摂取することが推奨されています。

自分は1日に何回歯磨きをしていますか?自分の口腔衛生のルーチンで何かを変更する必要があると思いますか?コメントで教えてください。



★ お気に入り追加