乳幼児の学習と記憶を助ける方法と最適な時間とは?

特集

乳児は新しいスキルを1日後に覚えている可能性があります。

学習後の昼寝は、乳児が学習と記憶を定着させるのに役立つことがわかりました。

柔軟な昼寝のスケジュールが乳児の学習を助ける可能性が分かります。

この結果は、乳幼児が新しい情報を学ぶのに最適な時間は、睡眠をとる直前であることを示唆しており、親にとっても教育者にとっても特に興味深いものです。

これまで人々は、乳児が学習するのに最適な時間は、疲れを感じ始めたときではなく、目を覚ましているときだと考えていましたが、結果は、乳児が昼寝をする直前に行われる活動が、特に価値があり、よく記憶されることを示しています。

生後6カ月から12カ月の200人以上の乳児に、人形からミトンを外す方法を見せました。

その4時間後と24時間後に、新しく学んだスキルをテスト。

学習後4時間以内に昼寝をした乳児と、しなかった乳児がいました。

その結果、学習後4時間以内に30分以上昼寝をした乳児だけが、ミトンの外し方を覚えていました。

4時間以内に昼寝をしなかった赤ちゃんは覚えていなかったのです。

親は、赤ちゃんの睡眠スケジュールについて、何をすべきか、何をすべきでないか、多くのアドバイスを受けます。

しかし、自然に起こるお昼寝を利用した学習機会を検討し、寝る直前に幼児と一緒に本を読むような活動がどれほど価値があるかを示しています。

これまで人々は、乳幼児が学習するのに最適なタイミングは、疲れを感じ始めたときではなく、目を覚ましているときだと考えてきましたが、結果は、乳幼児がお昼寝をする直前に行われる活動が、特に価値があり、よく覚えていることを示しています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました