薬を使わずに鼻水を改善する10の止める方法とは?風邪の初期症状

更新日:
金本由樹

季節を問わず、副鼻腔感染症やその他の呼吸器疾患にかかりやすい方も多いことでしょう。
最初のくしゃみや咳、喉のくすぐったさを感じた時、次に起こることが予想できるでしょう。

すぐに、無限に続くかのような鼻水に悩まされることになるかもしれません。

鼻は余分な粘液とそこに含まれる微生物を排除しようとしていますが、その持続的な流れは、それ自体が問題となることがあります。
鼻水と腫れた鼻で悩まされていると、非常に不快な気分になることがあります。そんな悩みを抱えている方に希望があります。

自然に鼻水を緩和する10の方法

薬棚に手を伸ばす前に、まずは自然療法を試してみませんか?
これらの方法は、おそらく家に既にあるものを利用することができます。

鼻水、咳、喉の痛みと戦っている場合、ここで考慮すべきホームレメディをいくつか紹介します。

1.鼻を正しく吹く

鼻を吹くのは、鼻が詰まっている時や垂れている時の常識のように思えるかもしれませんが、多くの人々がそれを正しく行っていないのは驚きです。
代わりに、粘液を鼻の奥に押し戻すような方法を取ってしまうことがあります。鼻水がひどい時は、定期的に鼻を吹いて粘液や細菌を鼻腔の外に出すようにしましょう。

鼻を吹く際は、ティッシュを使い、過度な力を入れずに優しく吹くように心がけましょう。
過剰な圧力は、空気や粘液が耳の通り道に押し込まれ、重度の感染症を引き起こす可能性があります。

片方の鼻の穴を指で押さえて、もう片方の鼻の穴をすっきりさせるように優しく吹きましょう。これを左右交互に行います。

2.熱い飲み物を摂取する

風邪やインフルエンザ、季節的な副鼻腔の問題で余分な粘液が出ている場合、水分補給は欠かせません。
冷たい水をたくさん飲むことで免疫力を高め、呼吸器官に溜まった大量の粘液を薄めることができます。
また、電解質を補給するために、低糖質のスポーツドリンクも検討してみてください。

特に鼻水が出ている時は、熱い飲み物を摂取することのメリットを忘れないでください。
ハーブティー、コーヒー、自家製のチキンスープなどは、喉の痛みや副鼻腔の不快感、鼻水を和らげます。
温かい液体は体を慰めるだけでなく、立ち上る蒸気は鼻水の原因となる詰まった鼻腔を和らげるのに役立ちます。

3.熱いシャワーを浴びる

蒸気は鼻水を持っている時の強力な味方となります。
暖かいシャワーを浴びることで、有益な蒸気が詰まった鼻腔を開き、呼吸を楽にするのに役立ちます。
お肌に刺激を与えたりダメージを与えたりする可能性があるので、熱すぎるお湯は避けましょう。

シャワーの効果を高めるために、ユーカリやミントなどのエッセンシャルオイルを使用したシャワータブレットを試してみてください。
これらのエッセンシャルオイルは強力な天然の鎮痛剤で、鼻水を和らげてくれます。

心地よい湯気の中でリラックスしていると、タブレットが溶けて、ヒーリング効果のある蒸気が広がります。

4.うがいをする

耳、鼻、喉は非常に密接に関連しています。風邪や副鼻腔の問題が進行中であることを警告するサインとして、喉がくすぐったいと感じることがあるかもしれません。
この時、自分の耳が鳴ったり、かゆかったり、詰まった感じがしたりすることがあります。

鼻水が出るまで待たずに、効果的な自然療法を試してみましょう。喉の痛みを和らげ、鼻づまりを緩和するために、塩うがいや蜂蜜とレモンのうがいを行いましょう。

塩うがい:小さじ1/2杯の細かい海塩をコップ一杯のぬるま湯に溶かし、うがいをしてから口をすすぎます。これを1日3~4回繰り返して症状を緩和させましょう。

蜂蜜とレモン:新鮮なレモン汁大さじ1杯とはちみつ小さじ1杯を2カップのお湯に混ぜてうがいをします。鼻づまりが治まるまで、1日に少なくとも3~4回行うと良いでしょう。

5.鼻を優しくケアする

鼻水が出ている時、鼻のケアを怠らないようにしましょう。
エッセンシャルメントールやユーカリオイルを含んだ軟膏を使用して、鼻の穴の付け根で炎症を起こした皮膚を落ち着かせることができます。

軟膏の蒸気が副鼻腔の詰まりを解消し、呼吸を楽にします。

使い捨ての柔らかいティッシュを使い、鼻をかんだ後は手を洗うように心がけましょう。布製のハンカチは、細菌が再堆積するため、避けた方が良いでしょう。

6.熱または冷たいパックで副鼻腔を緩和する

副鼻腔の炎症や感染が鼻水の原因であることがあります。
副鼻腔のデリケートな粘膜が炎症を起こして腫れると、粘液の正常な流れが妨げられ、細菌が閉じ込められます。

これにより、目やおでこ、頬の周りに痛みを感じることがあります。

痛みを和らげるために、ホットパックまたはコールドパックを交互に使うことをおすすめします。
自家製のパックでも効果があります。

熱と冷を交互に使用することで、副鼻腔の排出をスムーズにし、痛みを軽減します。

7.追加のピローを使用する

副鼻腔炎や鼻水で苦しんでいる時、休むことが最善の策ですが、症状が酷くなると睡眠も妨げられます。
寝る際に頭を少し高くするために、2つの枕を使ってみましょう。

これにより、呼吸が楽になり、副鼻腔の排出がスムーズになるかもしれません。

また、マットレスとボックススプリングの間にフォームウェッジを挟むことで、同様の効果が得られます。

8.ネチポットを試す

鼻腔洗浄は、何世紀にもわたって使用されてきました。
ネチポットを使用して、温かい塩水溶液で鼻腔内の余分な粘液や微生物を洗い流します。
ネチポットは薬局やネットで手軽に購入できます。

温かい生理食塩水をネチポットに注ぎ、注ぎ口を使って鼻の穴をやさしく洗浄します。これにより、鼻腔内の余分な粘液が取り除かれ、

呼吸が楽になります。

9.スパイシーな食べ物を摂る

唐辛子やカイエンペッパーなどのスパイシーな食材にはカプサイシンという天然化合物が含まれており、これが熱に反応して副鼻腔を開き、気分を良くします。
鼻が詰まっている時は、これらのスパイシーな食べ物を摂取してみてください。

10.ビタミンを強化する

風邪やインフルエンザの予防には、ビタミンCが有効です。
また、ビタミンAやビタミンEも免疫力を強化するのに役立ちます。

亜鉛やプロバイオティクス食品、プロテインも免疫力を高めるために重要です。

乳製品は健康な骨と歯のためにカルシウムとビタミンDを提供しますが、副鼻腔に問題がある場合は避けましょう。
乳製品は粘液の粘膜を厚くし、症状を悪化させる可能性があります。

これらの自然療法を試すことで、薬を使わずに鼻水を改善し、快適な日常を取り戻すことができるでしょう。
まずは家にあるものを活用し、自然の力で鼻水と戦ってみてください。