妊婦、妊娠中に食べてはいけないNG食べ物やダメな飲み物、食事リストとおすすめ食べ物!

妊婦NGダメな食べ物健康

妊娠時に食べてはいけない食べ物

妊娠中に食べる食べ物によって、流産の危険性が高まったり、生まれてくる赤ちゃんに障害が出るなど影響が出る可能性があります。産婦人科の医師からも説明があると思いますが、妊娠時は、我慢しましょう。

ソフトチーズはダメ

パスタにすりおろしたパルメザンチーズは大丈夫です。チーズフォンデュはダメです。低温殺菌されていない牛乳で作られた柔らかいチーズは、リステリア菌を抱えている可能性があり、それはあなたとあなたの赤ちゃんにとって危険であるか、生命を脅かすことさえあります。

ラベルに低温殺菌されていると記載されていない限り、ブリー、カマンベール、フェタチーズ、ブルーチーズ、ケソブランコ、ケソフレスコ、パネラは避けるのが最善です。

調理不足の肉を食べてはダメ

完全に調理されたすべてのステーキとハンバーガーを注文してください。生または調理不足の肉は、トキソプラズマや他の細菌が含まれている場合があります。鶏肉もバクテリアが発生している場合があります。

妊婦さんで、外食するときは、肉が熱くなっており、十分に調理されていることを必ず確認してください。家庭では、しっかりと肉が焼けているのを確認してください。

フレッシュジュースに注意

レストラン、ジュースバー、または農場の屋台で搾りたてのジュースは、サルモネラ菌や大腸菌などの有害な細菌が含まれている場合があります。

一部の市場では、冷蔵ケースで生の低温殺菌されていないジュースも販売しています。必要な警告ラベルを探して、明確に対処してください。

妊婦は低温殺菌されたジュースを選ぶべきです。
スーパーマーケットの棚にあるボックスやボトルに入ったジュースは、安全です。



寿司

寿司好きな方は多いと思います。寿司は妊娠期間中、食べるのをできれば避けるようにしましょう。
妊娠している9か月赤ちゃんの安全の為に我慢しましょう。

魚介類はタンパク質の優れた供給源ですが、生の魚介類は有害な寄生虫や細菌の供給源になる可能性があります。

妊娠中の女性は、完全に調理された魚やその他の魚介類のみを食べることを推奨しています。

生クッキー生地

クッキーを焼いているとき、口の中に生の生地を少しポップしたくなるかもしれません。
しかし、生地に生卵が含まれている場合、味見でさえリスクをもたらす可能性があります。

2万分の1の卵がサルモネラ菌で汚染されていると推定しています。
安全のために、未焼成のクッキー生地、バッター、または生卵で作った物を味わうことは避けてください。
店で販売されているクッキーの生地のアイスクリームは安全です。

自家製シーザードレッシング

生卵は、次のような多くの自家製ドレッシングやソースにも使用されています。

シーザーサラダドレッシング
ベアルネーズソース
オランデーズソース
マヨネーズ

低温殺菌された卵で作られた店で買った物を選びましょう。



自家製ティラミス

ムース、メレンゲ、ティラミスなど、多くの自家製デザートにも生卵が含まれています。
店頭で購入した物ではうまくいかない場合、お気に入りのレシピを準備する安全な方法があります。

一部のスーパーマーケットでは、生で食べてもよい低温殺菌卵を販売しています。卵のラベルに「低温殺菌」と明記されていることを確認してください。

メチル水銀が含まれる魚

魚はあなたとあなたの赤ちゃんに良いですが、あなたが食べる魚について賢い選択をしてください。
「メカジキ、アマダイ、サバ、サメ」にはメチル水銀が多く含まれています。
この金属は赤ちゃんに害を及ぼす可能性があります。

週に多くなければシーフードを安全に食べることができるので、水銀が少ない魚を選択してください。
ナマズ、サーモン、タラ、缶詰のマグロ。
マグロが好きなら、週に少量に制限してください。
妊娠中に魚油やその他のサプリメントを服用する時も医師に確認してください。

生鮮肉の菌に気をつける

他の多くの食品由来の細菌とは異なり、リステリア菌は冷蔵庫内の温度で成長します。
このため、妊娠中は、ホットドッグなどの生鮮肉をすぐに食べないようにする必要があります。
これらの食品は、蒸し暑くなるまで加熱してすぐに食べることで、安全にすることができます。

パテには生鮮肉が含まれているため、リステリアも含まれている可能性があります。
冷蔵庫を低い温度で保つと、この細菌の増殖が遅くなりますが、完全に止まるわけではありません。

妊娠中の女性はリステリア菌に対して特に脆弱であるため、すべての冷蔵肉の拡散を避けることが最も安全です。
妊娠中の肉の缶詰は問題ありません。

洗っていない果物や野菜

妊娠中は、果物と野菜をいっぱいにする時期です!

流水でよくすすいでください。トキソプラズマと呼ばれる寄生虫は、洗浄されていない果物や野菜に生息することができます。

それはトキソプラズマ症と呼ばれる病気を引き起こし、それはあなたの赤ちゃんにとって非常に危険です。

農産物を洗うために石鹸を使用しないでください。
代わりに、小さな野菜ブラシで表面をこすります。

傷ついた部分はバクテリアが潜んでいる可能性があるため、切り取ってください。
リステリア菌は、注意が必要です。



もやしに気をつける

アルファルファ、クローバー、大根などの生の芽を食べないでください。
芽が成長し始める前に細菌が種子に入り込む可能性があり、これらの細菌を洗い流すことはほとんど不可能です。

サンドイッチに生のもやしが含まれていないことを確認してください。自宅では、芽を徹底的に調理して細菌を破壊します。

生貝は寄生虫や細菌が含まれる

生の貝は、魚介類の病気の主な原因の1つです。一般に調理されたシーフードには見られない寄生虫や細菌が含まれます。

半分の殻のカキは食べないでください。貝類をしっかりと調理すれば、妊娠中も安心して食べられます。
殻が開くまで、カキ、アサリ、ムール貝を調理します。
開けないものは捨ててください。



近海の魚を食べない

地元の小川、入り江、湖が汚染されていないことがわかっている場合を除き、自分で釣った魚を食べないようにしてください。

一部の湖や川は工業用化学物質で汚染されています。
地元で獲れたブルーフィッシュ、シマスズキ、サーモン、パイク、マス、スケトウダラが影響を受ける可能性があります。

室温で2時間以上放置された持ち寄り料理を食べないでください。温度が高い場合は1時間です。

低温殺菌されていない牛乳は危険

農場に行って牛の生乳を味わうことを夢見たことはありますか?しばらく待ってください。採集したての牛乳は、まだリステリア菌から保護する低温殺菌プロセスを経ていません。

妊婦と赤ちゃんにとって危険な場合があります。ラベルに「低温殺菌」と記載されている場合のみ、地元の農場から牛乳、チーズ、または乳製品を購入してください。

妊娠中のカフェイン摂取

中程度の量のカフェインが妊娠中に安全であることを示しています。
しかし、カフェインの量を増やすことで流産の確率を高めることができるかどうかについてはまだ出ていません。

妊娠中の女性やカフェインを1日あたり200ミリグラムに制限することを推奨しています。これはコーヒー1杯です。しかし、覚えておいてください、カフェインはソーダ、お茶、チョコレート、そして多くのエネルギードリンクにも含まれています。
その為、流産の危険性が怖いのであれば、妊娠中はカフェインが入った飲料を飲まない方がいいです。

妊婦にビールやお酒などのアルコールは危険

妊娠中の大量飲酒は深刻な先天性欠損症につながる可能性が高いことが分かっています。知らないかもしれませんが、少量のアルコールでも有害である可能性があります。

妊娠中の飲酒量は安全であることが判明していないため、あらゆる形態のアルコールを避けることをおすすめします。妊婦はアルコール摂取禁止と医師も言っています。これには、ワイン、ビール、日本酒、アルコールなどと生卵を含む料理が含まれます。



★ お気に入り追加