子供の頃の活動で脳の作業記憶力が飛躍的に50%も向上する方法

ビジネス

子供の頃の活動で作業記憶力が50%アップ

木に登るとワーキングメモリが50%向上することが分かりました。

木登り以外にも、梁の上でバランスをとったり、厄介な重りを運んだり、障害物を避けて進むなど、ダイナミックな活動でも同じことが言えます。

ワーキングメモリを向上させることは、私たちの生活の多くの分野で有益な効果をもたらすことができます。

プロプリオセプションとは、空間における身体の位置を脳が認識することです。

見なくても自分の体の位置を知ることができます。

木登りのような活動を2つの対照群と比較しました。

1つのグループは講義を受け、新しい情報がワーキングメモリの増加につながるかどうかを調べました。
もう1つのグループはヨガを行いました。ヨガは多くの点で有益ですが、木登りに比べると静的なものです。
しかし、どちらのグループも、木登りで得られたワーキングメモリへの劇的な効果は見られませんでした。

木登りのような活動が効果的なのは、記憶がよりハードに働かなければならないからだと考えています。

木登りでは地形や環境が変化するため、脳は世界のモデルを常に更新しなければならないのです。

一方、ヨガは、記憶力を高めるほどの環境や地形の変化を伴わないと思われます。

考えさせるような活動をすることで、体だけでなく脳も鍛えられることを示唆しています。

子供から大人まで、幅広い層に影響を与えるものです。

予測がつかず、意識的に動きを変えなければならない活動をするために休憩を取ることで、ワーキングメモリを高め、教室や役員室でより良いパフォーマンスを発揮することができます。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました