Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

子どもがいじめで排除されたとき行動を起こす為の8つの鍵!

対話と傾聴の場を作ることは、子どもが学校から排除されたときに行動を起こすための鍵の一つです。

自分の子供が学校から排除されたとき、行動を起こすための8つの鍵

学校は、子どもたちが生涯続く友情を育む場所です。しかし、こうした関係を築くことは必ずしも容易ではありません。

このような場合、親はどうすればよいのでしょうか。介入する?学校に相談する?どんな可能性があるか見てみましょう。

話すこと、聞くこと。最初の2つの鍵

親が自分の子どもを傷つけているのを発見すると、本当に嫌な気持ちになります。

時々、うちの子は誰とも遊ばない、と言いますが、実際には、一緒に遊びたい「特別な人」と遊んでいなかったり、特定の人と数日間遊んでいなかったりすることがあるようです。

この問題は関連性があるものの、見た目ほど大きな問題ではありません。そのために子どもがつらい思いをしているのですから、深刻にとらえてはいけないということではありません。でも、その違和感を解決してあげる方法は、ケースによって違います。

子どもの不調を探り、知ることはとても大切なことです。大人として、素直に耳を傾けることを心がけましょう

学校の外で地面に座り込んで泣いている子ども。
子どもが仲間はずれにされている場合、そのことについて詳しく調べてみましょう。落ち着いて、子どもが正直に話してくれるように、オープンに対話しましょう。

子どもが他の子どもたちから排除されたとき、家庭でできることは何でしょうか?
ここでは、お子さんが仲間はずれにされたと感じたときに、お子さんに寄り添い、仲間との困難を解決するための方策をご紹介します。注意してください

1.子どもが困難を解決するのを助ける

多くの場合、家庭で子どもの社会性と情緒性に働きかけることがポイントになります。

たとえば、ゲームで失敗したり負けたりするたびに怒って友だちとケンカしていたら、そのうち誰も一緒に遊びたがらなくなります。ですから、仲間はずれにされるのは楽しい状況ではありませんが、そこから得た教訓を生かして、反省するのが一番です。

子どもが対人関係を築くのに付き合うことが大切です

自分の行動を正当化したり、誰かのせいにしたり、かわいそうだと思うだけでは、問題の解決にはならない

2.自尊心の強化に貢献する

子どもたちが自分自身や自分のしていることに自信を持てるように、子どもたちの成果や特性を強化することが大切です。

3.自分を尊重することを教える

前項との関連で、子どもが他人を喜ばせるため、あるいは集団の一員であるために変わる必要はないという考えを持つように仕向けることが重要です。

4.制限を設け、いいえと言えるようにする

これは自尊心にも関係します。つまり、友達を作るために「友情テスト」を受けたり、自分の気に入らないことをしたり、屈辱やからかいに耐える必要はないのです。
友情は良いことをするための関係であるという概念を強化することが重要なのです。

5.感情を表現し、話すように促す

お子さんがとても静かな場合は、学校での一日についてもっと話してくれるよう、自由回答形式の質問を試してみるとよいです。また、数年前の学校での経験や、日中職場で感じたことなどを話してみるのもよいです。

子どもは、家族が自分を表現するための安全で信頼できる環境であることを知る必要があります

6.子どもの気持ちを過小評価しない

これは非常に重要なことで、特に子どもが自分に何が起こっているのかを伝えようと近づいてきた場合には、注意が必要です。状況を把握し、必要であれば学校も巻き込んでいくことが大切です。

まず、問題の深刻さを見極め、子どもが自分で学校での対立を解決できるように、アドバイスやツールを使って手助けすることが必要です。そうすることで、相手の価値を高め、受動的な被害者にしないようにするのです。

しかし、すべては物事の見せ方次第です。クラスメートの一人が、授業後に家で遊ぼうと誘わないのは、一つの問題です。しかし、休み時間にグループ全体が彼を侮辱したり、いじめたりするならば、問題はもっと深刻です。

7.子どもに話しかけ、すでに持っている友人関係を認識するように励ます

友達は1人か2人かもしれませんが、自分を認めてくれる人に囲まれることは貴重なことです。

8.学校以外のスポーツに参加させる

この方法は、心機一転、同じ趣味を持つ新しい仲間に出会う機会として有効です。他の人とつながることで、子どもは自尊心を高め、自分の愛着を処理する自信を持つことができます。

子どもたちと経験を共有する時間帯を見つける

子どもたちが自分の気持ちを打ち明けることに同意したら、ある能力を強化し、他の能力を伸ばす手助けをする必要があります。何が問題の動機になっているのかを知ることで、適切な対処が可能になります。

あわせて読みたい
    error: