検索エンジンのSEO要因の種類とは?

SEO要因IT

検索エンジンのSEO要因周期表では、大きく分けて4つのグループに分かれています。

オンページSEO。コンテンツ、アーキテクチャ、HTML
オフページSEO。信頼、リンク、ユーザー

各グループまたはサブグループ内の要素は、サイトの有機的な可視性とランキングを向上させたい場合に考慮する必要がある要素です。各要素には、その特定の要素の重みや重要性を理解するのに役立つ数値が表示されています。

オンページとオフページのSEOグループには、それぞれいくつかのサブグループがあり、このSEOガイドの各章は、SEOの特定の側面をナビゲートするのに役立つようになっています。

SEOの要素は、以下のような組み合わせで機能します。
SEOの要因は真空状態では存在しません。最適化されたHTMLタイトルは、コンテンツの薄さを補うものではありません。サイトのスピードが速くても、検索エンジンが簡単にページをクロールできなければ、何の役にも立ちません。簡単に言えば、いくつかのポジティブな要因があれば成功する確率は高くなりますが、ネガティブな要因はその確率を悪化させる可能性があります。

ページ上のSEO要因

ページ上の検索ランキング要因は、ほぼ完全に出版社のコントロールの範囲内にあります。これはまた、あなたのページを検索エンジンに優しいものにすることと、あなたの聴衆のニーズに応えることのバランスをとることが重要であるところです。

ページや記事のタイトル、研究の深さ、使用されているキーワードなどは、すべてあなたの特定の聴衆のニーズを念頭に置いて使用する必要があります。HTMLの見出し、アンカーテキストなどは、検索エンジンとオーディエンスの両方に、コンテンツの関連性についての手がかりを提供する必要があります。サイトのアーキテクチャは、検索エンジンのクローラーがあなたのサイトをナビゲートし、ユーザーが探しているものを見つけるのを助けるものでなければなりません。


オフページSEOの要因

検索エンジンは、ページ上にあるものやユーザーに見えるものだけを評価しているわけではありません。オフページのランキング要因は、通常、作成者や出版社の直接的な影響力の外にあります。検索エンジンは、評判、サイトのバックリンクの質、ユーザーの地理的位置、その他多くの要因を評価し、最も関連性の高い結果を提供します。

これらの要因をページごとにコントロールするのは簡単ではありませんが、検索用にサイトを最適化する際には考慮しなければなりません。

毒素
上手くやれば、SEOはサイトに利益をもたらすのと同じように、検索エンジンにも利益をもたらします。SEOは、検索エンジンがユーザーにより良い検索結果を提供するのに役立ちます。しかし、ランキングシグナルを操作して競合他社よりも不当な優位性を得ることを目的としたSEOテクニックを使用すると、裏目に出る可能性があります。

スパムやいわゆる「ブラックハット」テクニックを「毒素」に分類しています。これらのテクニックを使用すると、あなたのページがランキングペナルティを受けたり、検索結果から完全に追放されたりする可能性があります。



新興バーティカル
音声検索、ローカル検索、画像検索、動画検索は、ユーザーがコンテンツを見つけるためのさまざまな方法を表しているため、本ガイドでは特別な章を設けています。これらの新興のバーティカル分野はそれぞれ、ブランドやパブリッシャーにとって独自の特徴、ニューアンス、機会を持っています。しかし、これらは周期表の基本要素の1つ以上に対応しており、SEOを全く新しい方法で見る必要はありません。

★ お気に入り追加