Google ChromeがMacで動画などのライブキャプションを提供

IT

Google ChromeがmacOSのライブキャプションに対応しました。
ユーザーは、動画を見たり、音声を聴いたりする際に、ライブキャプションを楽しむことができます。

Google Chromeが新しいアップデートを行い、ブラウザで動画を見たり音声を聴いたりする際に、ライブキャプションを楽しめるようになりました。
この新機能を利用するには、Google Chrome 89が必要となります。

XDA Developersが最初に目撃したこの機能は、2019年にずっと前に発表され、Pixelスマホにも搭載されていました。
しかし、この重要なアクセシビリティ機能は、Chomeアプリの機能セットの一部にもなっています。



Googleは、Google I/0 2019で、驚くべきライブキャプションのアクセシビリティ機能を初めて披露しました。この機能は、Android 10アップデートでPixelスマホに初めて展開され、その後、Galaxy S20シリーズ、OnePlus 8シリーズ、OnePlus Nordなど、Pixel以外の多くのスマホにも搭載されました。その名の通り、ライブキャプションは、デバイス上で再生されているオーディオにリアルタイムでキャプションを提供します。
動画、ポッドキャスト、さらにはスマホにも対応しています。聴覚障害のある方や、音声をオフにして動画を見たい方には、とても便利な機能です。

これまでのところ、この機能はAndroidスマホだけのものでしたが、Googleはこれまで、デスクトップのChromeブラウザにこの機能を導入することを検討してきました。そして、安定版のChrome89で、ついにこの機能が利用可能になりました。

この新しいオプションは、Chromeのアクセシビリティ設定で見つけることができ、トグルで設定を変更することができます。
また、生成されるテキストのサイズやスタイルをカスタマイズすることもできます。
キャプションをできるだけ簡単に読みたい場合は、Mac用の優れたモニターが必要です。

ライブキャプション。動画のキャプションを自動的に作成します。音声とキャプションがデバイスから消えることはありません。

既存のChromeユーザーにはアップデートが提供されますが、それ以外のユーザーはGoogle Chromeのウェブサイトでダウンロードできます。この新機能をご利用になる場合は、Chromeをデフォルトのブラウザに設定しておいてください。