ゲームをすると脳のサイズが大きくなり賢く頭がよくなる!

ビジネス

伝統的なゲームでもテレビゲームでも、ゲームをすることはアルツハイマー病の予防に役立つのでしょうか?

アルツハイマー病協会国際会議で発表された結果によると、トランプやパズルなどの伝統的な娯楽は、脳の容積を増やすのに役立つ可能性があります。

この結果は、ゲームをすることが脳の構造を大きくすることに関連するというこれまでの結果に基づいています。

脳スキャンと同時に、ゲームをしたり、本を読んだり、美術館に行ったりと、どれだけ認知活動をしているかを調査した結果があります。

その結果、クロスワード、将棋、トランプ、パズルなどのゲームを最も多くしている人が、最も大きな脳容積を持っていることがわかりました。

一部の人にとって、認知的に刺激的な活動、特にパズルやカードなどのゲームに参加することが、アルツハイマー病にかかりやすい脳構造や認知機能を維持するために有効なアプローチである可能性があります。

ゲームを含む特定の認知活動に関するより詳細な結果は、活動的で健康的なライフスタイルがどのようにアルツハイマー病の発症を遅らせるのに役立つかについての理解を深めるのに役立ちます。

デザインのため、ゲームをすることが本当に脳の大きさに影響を与えているかどうかはわかりません。

例えば、脳が大きい人はたまたまゲームを多くしているのかもしれません。

スーパーマリオ
しかし、ゲームをすることと脳の大きさを関連付ける調査は他にもあります。

1日30分、2カ月間にわたってゲームをプレイしてもらいました。その後、脳体積を対照群と比較しました。

ゲーム(スーパーマリオ64)をプレイしていた人は、記憶、空間ナビゲーション、戦略的計画、微細な運動能力に関連する脳の領域の灰白質構造が大きくなっていました。

ゲーマーの脳構造の違いが示されていましたが、今回の研究では、ビデオゲームと脳の体積増加との間に直接的な因果関係があることを証明することができました。

これは、ゲームによって特定の脳領域が鍛えられることを証明しています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました