Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

学習速度を2倍にする簡単な方法とは?

 

その方法は、人々のスピードと正確さをほぼ2倍にしました。

練習方法を少し変えるだけで、スキルの習得速度が2倍になることが調査でわかりました。

練習方法を少し変えるだけで、何度も同じ方法で練習するよりもはるかに効果的です。

例えば、ピアノを習っている人は、少し大きな音を出したり小さくしたり、少し速くしたり遅くしたりします。

スポーツでも、道具やルールを少し変えるだけで、バリエーションが生まれます。

このように、変化に対応させることで学習効果を高めることができます。

発見したのは、習得したい課題を少しだけ修正して練習すると、まったく同じことを何度も続けて練習するよりも、実際にはより多く、より早く習得できるということです。

被験者が、コンピュータの画面上でカーソルを移動させるピンチ操作を学びました。

全く同じ方法で繰り返し練習する人もいれば、課題を少し変えて練習する人もいました。

その修正とは、人が常に適応できるように、少しずつ異なる力を加えることでした。



その結果、練習方法を少し変えただけで、スピードと正確さがほぼ2倍になることがわかったのです。

これまで、運動技能の発達に関連して再連結がどのように働くかについてはほとんど知られていなかったので、結果は重要です。

結果は、トレーニング中に簡単な操作を行うことで、再連結のために運動能力がより早く、より大きく向上することを示しています。

目標は、同じ練習時間でより多くの上達が得られるような、新しい行動的介入とトレーニングスケジュールを開発することです。

練習に少し手を加えるだけで効果があるとされています。

変化させた課題があまりにも違うものになってしまうと、私たちが再統合の際に観察したような効果は得られません。

セッション間の修正は微妙なものでなければなりません。



タイトルとURLをコピーしました