のんびり屋で慌てない人は、IQが高い傾向の研究結果!

ビジネス

このタイプの人は、IQが高い

認知能力が高いのは、この性格タイプです。

のんびり屋で慌てない人は、IQが高い傾向にあることが心理学の研究でわかりました。

知能の高い人がのんびりした性格になるのは、他の人よりも早く物事をこなすことができるので、急ぐ必要がないからだです。

また、IQの高い人は先延ばしにする傾向がありますが、これはおそらく、知能が高いことのもう一つの利点が、作業を遅く始めることができることだからです。

また、IQの高さが、慎重さや完璧主義者であることと関連していることもわかりました。

これは、完璧主義者は時間がかかるが、IQの高い人は仕事がきちんと終わるまで待つ忍耐力があるからではないかと考えられます。

この結論は、性格テストとIQテストを受けた研究から得られたものです。

楽しく勉強できる!オンライン家庭教師【e-Live】

性格テストでは、性格の5大特性の1つである良心性に着目しました。

良心性のさまざまな側面を調べたところ、慎重であること、熟慮すること、整然としていること、先延ばしにする傾向があることなどがわかりました。

その結果、「慌てない」ことと「IQが高い」ことの間には、一貫した関連性があることがわかりました。

この3つの特徴(先延ばし主義、完璧主義、慎重主義)に共通するのは、タイミングや急いでいることです。

結果の解釈としては、認知能力が高い人ほど、人生の活動に対する一般的なアプローチにおいて、あまり急いでいない傾向があるということが考えられます。

この解釈には、ポジティブな側面(例えば、詳細を確認し、行動を遅らせ、製品が「完璧」になるまで作業を続けることに伴う慎重さ)とネガティブな側面(例えば、先延ばしにする傾向)の両方が含まれます。

先延ばしとIQの高さの関連性は、能力の高さにあります。

このことは、頭の良い人ほど内的なペースが遅く、タスクをこなしながら中断したり新しい情報を取り入れたりしやすいことを示唆しています。

これは、知能の高い人が物理的に作業が遅いということを意味するものではなく、実際にはほとんどの作業が速いようです。

むしろ、高いレベルの認知能力を示す人が低いレベルの認知能力を示す人と異なる1つの方法として、仕事やその他のタスクのペースを最大の潜在能力よりも低くする行動傾向があることを示唆しているのです。


タイトルとURLをコピーしました