Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

人が不安になったり落ち込んだりする5つの大きな理由

 

心的外傷を伴うライフイベントは、不安や抑うつの唯一最大の原因であることが分かりました。

しかし、人が不安になるか、うつになるかは、これらの出来事に対する精神的なアプローチによります。

うつ病や不安症は単純な症状ではなく、原因も1つではありません。

人々が不安や抑うつに苦しむ原因や、他の人よりも苦しむ人がいる理由をもっと知りたいと思いました。

精神疾患の家族歴の有無、学歴や収入レベル、社会環境、人間関係の状況、経験したトラウマとなるような出来事についての結果、うつ病や不安症の原因としては、トラウマ的な出来事が唯一最大の原因であり、次に大きいのは家族の精神疾患の既往歴、収入や教育レベルでした。

また、社会的要因と人間関係の状態は、いずれもうつ病や不安症のリスクに与える影響が小さいことがわかりました。

遺伝や生活環境が精神疾患の原因になることはわかっていますが、人生におけるトラウマ的な出来事が、不安や抑うつに悩む主な原因です。

しかし、人がストレスとなる出来事についてどのように考え、どのように対処するかは、その人が感じるストレスや不安のレベルを示す指標でもあります。

その人の家族構成や人生経験を変えることはできませんが、考え方を変えたり、ストレスレベルを軽減する前向きな対処法を教えたりすることは可能です。

重要なことは、うつ病や不安を経験する可能性を高める傾向にある3つの思考スタイルと行動スタイルがあったことです。

反芻(はんすう):憂鬱な考えが頭の中をぐるぐる回ること。
適応的な対処の欠如: 他人のサポートを求めない、粗食、運動不足、ストレスを感じるエピソードを予測できないなどの例が挙げられます。
自責の念:これは非常に有害なタイプの心の習慣です。当然のことながら、その反対である「自己受容」は、幸せになるための重要な習慣です。
トラウマになるような大きな出来事が大きな影響を与えることもありますが、日常のちょっとした悩みが不安やうつの原因になることもあります。

しかし、どちらの場合も、人生の課題に対する考え方や取り組み方によって、大きな違いが生まれることを認識することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました