より多くの結果を見る

Generic selectors
完全一致
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

説得力のあるアイコンタクトで見つめすぎは禁物?

更新日:

従来、説得には相手と強く目を合わせるべきという考え方が主流でした。
しかし、近年では状況によっては逆効果となる可能性も指摘されています。

最近の調査結果
相手を凝視しすぎると、説得効果が低下する可能性がある
特に、相手と強い対立意見を持っている場合、アイコンタクトによる説得力はさらに低下する

調査方法
アイトラッキング技術を用いて、説得の際に人々がどこを見ているかを測定
問題に関する動画を視聴し、話者の口元と目を交互に見るように指示
事前と視聴後の態度を比較

結果
目を凝視された人は、説得される可能性が低く、メッセージへの抵抗感が高まる
擁護者との交流にも消極的になる
文化的な背景

グループでの会話:3~5秒程度
1対1での会話:7~10秒程度
相手と目を合わせる時間と、そらす時間のバランス
セルフトラッキング技術で確認:30%~60%が目安

アイコンタクトの多用が逆効果になるケース

相手との意見が大きく異なる場合
長時間、強いアイコンタクトを続ける場合
相手が威圧感を感じたり、不快に感じたりする場合

効果的なアイコンタクトのポイント

相手の表情や反応を見ながら、適切なタイミングで目を合わせる
自然な笑顔を交え、親しみやすさを演出
話の内容や状況に合わせて、アイコンタクトの長さを調整

説得力のあるコミュニケーション

アイコンタクトは、説得力のあるコミュニケーションには欠かせない要素です。
しかし、状況や相手との関係性によって、効果的なアイコンタクトの方法は異なります。

アイコンタクトと視線

アイコンタクトは、目を見ることだけでなく、視線の使い方も重要です。

相手の目全体を見る
顔全体を見る
相手の表情や反応に注意を払う
視線の使い方を意識することで、より効果的なコミュニケーションを実現できます。

アイコンタクトは、説得力のあるコミュニケーションを実現するための重要な要素です。
しかし、状況や相手との関係性によって、効果的なアイコンタクトの方法は異なります。

相手との信頼関係を築き、説得力のあるコミュニケーションを実現するためには、アイコンタクトの重要性を理解した上で、状況に応じて適切な方法を用いることが重要です。

ガガログ編集部

ガガログを支える編集部。実際に購入した商品をレビューしたり、サービスを徹底比較して商品の情報を詳しいプロがお届け。おすすめをご紹介しています。

恋愛
ガガログ