なぜ見知らぬ人に話しかけるのか?

恋愛

通勤者に、見知らぬ人に話しかける努力をしてもらう一方で、一人で座っている人もいました。

公共交通機関には、「話してはいけない」「目を合わせてはいけない」という2つの不文律があります。

見知らぬ人に心を開いて話しかけた結果については、誰もが怖い話を持っています。

礼儀正しい挨拶をしただけで、自分の人生のすべてを話してもいいと思っている男性や、個人的に気分を害したような顔をして後ろを向いてしまう女性の話は、誰にでもあることです。

特に、公共交通機関で他の人と一緒に通勤しているときは、一人のバブルの中にいたほうが安全だと思われることがよくあります。

しかし、そこまで警戒する必要があるのでしょうか?

見知らぬ人との付き合いを避けることで、一日の活力を失っているかもしれません。

公共交通機関を利用する一般の通勤者に次のいずれかを求めました。

普通に通勤する。
見知らぬ人に話しかける努力をする。
孤独に座るのいずれかを求めました。
見知らぬ人に話しかけることは、最も不愉快な経験になるだろうと予測されたにもかかわらず、その後、通勤者に尋ねたところ、実際には最も愉快な経験であることが判明したのです。

電車の中で見知らぬ人とつながることは、友人とつながるのと同じような長期的な利益をもたらさないかもしれませんが、電車に乗った通勤者は、見知らぬ人とつながったときの方が、一人で座っていたときよりも有意にポジティブな通勤をしたと報告しました。

予想とは逆の結果になったことが魅力的です。

通勤は、平均的な人の1日の中で最も快適でない経験の1つであると常に報告されていることを考えると、この誤解は人の幸福にとって特に不幸なことです。

不快な経験の意外な解毒剤は、すぐそばに座っていることかもしれないことが分かっています。

礼儀正しくすることがあなたのためになる理由

遠くの人や見知らぬ人に礼儀正しくすることは、一般的に、社会全体や親しくされた人など、他者のためになると考えられています。

しかし、向社会性が自分自身にプラスの影響を与えることを示唆する結果が増えています。

自分のためではなく他人のためにお金を使うこと、利己的ではなく公平に行動すること、感謝の気持ちを表すことと軽蔑の気持ちを表すことなど、向社会性は他人のためだけではなく、自分のためにもなるようです。

人が増え続ける地球上で、社会参加のメリットを誤解することは、ますます問題になるかもしれません。

少なくともこの点においては、幸福を求める快楽主義者と礼節を求める理想主義者は同じ道を選ぶべきです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました