ニキビ肌に効果的な化粧水「Cマックスローション」レビュー

Cマックスローション美容

株式会社キャシーズチョイスから販売されている高濃度ビタミンC化粧水「C-マックスローション」を実際に使用した商品レビューをご紹介します。

ニキビ、毛穴、オイリー肌、赤みなど男性にもおすすめ。

ニキビの後は、色素沈着、凹凸毛穴などまだら肌にビタミンC誘導体が効果的です。

肌に浸透しやすく加工した成分です。モデルやメイクアップアーティストも愛用していて、毛穴やニキビ跡に高濃度ビタミンC誘導体化粧水

ビタミンC誘導体の効果は、肌の引き締め、キメを整える、皮脂バランスを整える、お肌の透明感アップなどあります。エステでも美肌ケアに導入しています。

肌の色ムラ、赤みブツブツで悩んでいませんか?

ビタミンC誘導体の中でも効果があるリン酸アスコルビルMgを高濃度で配合。ビタミンCの10倍浸透力。
ベストビューティアワードにも選ばれています。

Cマックスローショの口コミや評判

・ニキビが出来やすい肌でも使用するようになり、ニキビが出来なくなった。
・最高の化粧水。肌の馴染みがとても良い。
・肌が綺麗になったと喜んでます。化粧ノリもいいので、また買いたい。
・肌に浸透してる感じがあり、ずっと継続したい商品。
・ニキビに使用。新しいニキビもできなくなって、毛穴の開きも改善。
・ビタミンC誘導体や様々な成分入り。効果がありそうなつけ心地。
・使い始めてから肌の調子がいい。ニキビもできなくなりました。
・リピートしました。お肌のシミも薄くなってきました。

安心の20日間の返金保証付き、美容業界で美のプロも愛用。
初回77%オフで2〜3回目も21%オフの割引価格で購入できます。
人気雑誌や書籍の掲載回数は合計224回以上、多数紹介されています。

あごや顔など、ニキビ跡が治らずに頑固な色素沈着にずっと困っていませんか?
鈴木えみさんも本やブログで愛用品として紹介。テカリが減ったり、化粧崩れもしにくくなります。植物由来の美容成分が配合されています。

ビタミンB5は、肌にハリを与え、キメを整えます。
ビタミンAは、角質をやわらげ、毛穴詰まりを防ぎます。
水溶性ビタミンの中でも話題の成分が入っています。臨床効果報告でも、肌の皮脂バランス、肌のハリへの効果は確認ずみで実証されています。

ニキビケアにC-マックス ローション

2020年上半期ビューティアワード受賞


高濃度ビタミンC誘導体にレチノールをプラス天然植物エキスとプロビタミンB5を配合し、保湿性が高いです。

商品名C-マックスローション
販売会社株式会社キャシーズチョイス
容量100ml
税込価格8,800円
初回77%オフで2〜3回目も21%オフの割引価格
発売日2009年10月〜
ジャンルニキビ・化粧水
評価4.6
公式サイト有名人も愛用のニキビ跡化粧品【 C-マックスローション 】

高濃度6%配合。皮膚学会でも効果を確認されていて、ビタミンC誘導体を配合されてます。多数の美容成分が配合されています。無香料、無着色、パラベンフリーで安心して利用できます。

スキンケアの有効成分のビタミンC誘導体

ビタミンCは、強力な抗酸化物質で、フリーラジカルを撃退し、肌全体を明るくして色素沈着を防ぎ、コラーゲンの生成を促進して肌にハリと弾力を与え、紫外線から肌を守る働きがあります。ビタミンCは、スキンケアに欠かせない成分です。

ビタミンCと同様の効果があるとはいえ、高濃度でもビタミンCの力強さは他の誘導体とは比べ物にならないです。
ニキビ肌やオイリー肌、混合肌に適しています。肌に驚くほどのブライトニング効果を与え、色素沈着を薄くするのに適しています。

ビタミンCは、その典型的な例で、すでに知っていると思われるかもしれませんが、ビタミンC製品や誘導体の種類は増え続けています。
ビタミンCは、人々がすでに知っていると感じるかもしれない長い歴史を持つ成分ですが、さまざまなビタミンCの派生製品は進化し続けています。

スキンケア界におけるビタミンCの定番中の定番です。スキンケアの世界でビタミンC製品を知らない人はいないと言っても過言ではないほど、あらゆる機能を備えています。

ダメージを防ぐ
余分な色素沈着を抑える
コラーゲンの合成を促進する
抗酸化物質としての働き
炎症を抑える

ニキビ跡を徹底ケア【 C-マックスローション 】

ニキビの原因は?

ニキビの原因は、ホルモン、炎症、進化生物学、ストレス、ビタミン不足、食生活など、複数の要因が考えられます。

ニキビの正確な原因はまだわかっていませんが、いくつかの異なる要因が組み合わさってニキビを引き起こす可能性が高いということで一致しています。

ニキビは一見単純な病気のように見えますが、実際には複雑なプロセスを経て、毛穴が詰まり、皮膚にニキビとして見られる赤みや炎症が生じるのです。

ニキビが発生するホルモンについて

ニキビにはホルモンの影響があることがわかっています。思春期にホルモンが分泌されるようになってから、ニキビの症状が出始めるからです。また、男性にも女性にも存在するアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが増加すると、ニキビの症状が強くなることがわかっています。

また、成長ホルモンの増加もニキビに影響を与える可能性があります。これらのホルモンがニキビを増やす理由として最も考えられるのは、皮脂の分泌量を増やすからであり、皮脂が増えるとニキビが増えることに強く関連しています。

皮膚の調査を続けるうちに、ニキビは根本的に炎症性疾患であると確信するようになりました。そして、毛穴が詰まった最初の段階から、ニキビ発生のあらゆる段階で炎症性分子が発見されています。

ニキビを治療する際にも、炎症性成分の明らかな兆候が見られます。ほとんどのニキビ治療薬や治療法は、抗ニキビ作用の一部と考えられる特定の抗炎症作用を持っています。
ニキビは遺伝病です。両親のどちらか、または両方がニキビであれば、自分もそうなる可能性が高くなります。

ニキビ跡を徹底ケア【 C-マックスローション 】

ストレスの可能性大!

心と体はつながっています。これは東洋の哲学ではなく、紛れもない物理的な現実です。感情的なストレスは、内分泌(ホルモン)系や免疫系に影響を与え、肌の透明感が損なわれる可能性があります。

また、運動不足や睡眠不足などの肉体的なストレスも、内分泌系や免疫系に悪影響を及ぼす可能性があります。

肌のビタミンが不足すると、肌が炎症に立ち向かえなくなる可能性があります。ニキビに関しては、特にビタミンA、C、Eなどの抗酸化物質が注目されています。抗酸化物質は、体の中で常に炎症に対抗するための部隊です。また、多くの人は体内や肌のビタミンDが不足していると言われています。

食生活がどのような病気に影響を与えるかを研究することは非常に難しく、にきびも例外ではありません。食生活とニキビが関係しているのか、関係しているとすればどの程度なのかは分かっていません。しかし、ニキビに対する食事の影響を否定するのはまだ早いです。

高血糖の食事や、オメガ3脂肪酸、抗酸化物質、亜鉛の少ない食事がニキビの原因となっている可能性が指摘されています。



お気に入り
タイトルとURLをコピーしました