頑固な腹の脂肪を失うのを助ける役立つ9つの痩せる方法!ダイエット減量効果がある食べ物!

脂肪燃焼ダイエット食べ物ダイエット

私たちがダイエットを始めるとき、私たちはいくつかの一般的な栄養神話の犠牲になるかもしれません。スーパーで低脂肪のものを選んだり、ペストリーを捨てたり、「ヘルシー」なヨーグルトを大量に食べたり、これらのことは、私たちの空腹感を永久的なものにしてしまうが、腰の周りの枕は同じ場所に留まっている。

お腹を空かせたり、カロリーを数え続けたりする必要はないことを発見しました。すべての無限の拷問と犠牲なしで自分の体をシェイプアップするのに役立ちますいくつかの科学的に証明された食事の方法をご紹介します。

1.ココナッツ粉で作られたペストリーを選ぶ

ダイエットを始めて一番つらいのは、ベーグルやパン、ケーキなどを断らなければならないことでしょう。しかし、お腹を枕にしてしまうのはベーグルではなく、小麦粉の種類です。ココナッツ粉、キヌア粉、そば粉など、穀物以外の小麦粉にも種類があります。

ココナッツ粉には、他の脂肪とは異なる代謝を行う脂肪酸が豊富に含まれており、空腹感や食欲を抑え、血糖値を安定させ、体脂肪を溜め込まないようにする効果があるのもメリットの一つです。

また、キヌア粉やそば粉には飽和脂肪が含まれていないので、暴飲暴食を抑え、健康的な消化を促してくれます。

2.ニンニクは臭いかもしれませんが、それは自分のウエストの親友

ロマンチックなディナーの前や中にニンニクは良いアイデアではないかもしれませんが、それは自分のウエストに不思議な働きをすることができます。

数多くの研究は、それが適切に調理されている限り、自分の食事にニンニクを追加すると、自分のお腹のプロポーションを減少させることができることを示唆している。

しかし、いくつかの神話が示唆しているように、ニンニクは自分の全体的な体重や体重指数に影響を与えることを期待すべきではありません。その主な使命は、自分のウエストを形成することです。

3.ターメリックは自分の料理のスパイスになり、自分がシェイプアップするのに役立ちます

ターメリックは世界中の多くのレシピに含まれています。しかし、この茶色とオレンジ色のパウダーは、カロリーを燃焼させ、もう入らないスキニージーンズのジッパーを締めるのに役立つ魔法の効果を持っています。

ターメリックは、体重を減らし、過剰な体重に悩む人のウエストをシェイプアップすることが証明されています。チキンやスープに加えるだけで、栄養士が認めた食事ができます。

4.生キャベツの代わりにザワークラウトを選ぶ

ザワークラウトにはヨーグルトよりも多くの乳酸菌が含まれています。この発酵食品を2~3日に1~2口食べると、消化器系の慢性疾患を予防し、血液中のブドウ糖のレベルを下げ、体重の蓄積を防ぐことができます。

さらに、ザワークラウトは、自分の精神的な健康を改善し、うつ病との戦いを助けることができる研究が示唆されています。この貴重な食品のすべての利点を享受するためには、酢を含まない新鮮なザワークラウトを選ぶことが重要です。

CRAS(クラース)はモデル/タレントのマギーが

1年かけて開発した女性のためのソイプロテインです。

5.パスタの代わりにしらたき麺を食べる

しらたき麺は、こんにゃくの食物繊維と水分で構成された和食で、脂肪分が少なくダイエットにも適しています。

このしらたき麺の効果の一つに、満腹感をすぐに感じることができ、便秘予防にもなるので、食べ過ぎを防ぐことができます。しらたき麺にはダイエット効果があることが研究で証明されていますし、ボーナス効果として傷の治りが早くなることを促す効果もあります。

現在、しらたき麺を使ったレシピは、ヘルシーで美味しく食べられるものがたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。

6.青タンはおいしい植物性のたんぱく質源

セイタンは、その高タンパク質含有量と貴重なダイエット効果で、科学者や栄養士が推奨する人気のビーガン製品です。

焼いたり、香辛料と一緒に食べたり、温めたり冷やしたりと、様々な調理法で調理することができる基本的な食品です。

7.正しいヨーグルトを選ぶ

世界中の栄養士は、プロバイオティクス食品(ヨーグルトやケフィアのようなもの)がお腹の脂肪を減らし、体重をコントロールするのに役立つと主張しています。

しかし、最近の研究では、ヨーグルトに添加されているある種の細菌が、実際には脂肪を落とすのではなく、脂肪を増やすのを助けることができることが示唆されています。

そのバクテリアはヨーグルトのボトルにL.アシドフィルスと表示されており、ヨーグルトやケフィアを購入する際にはラベルをよく確認することが大切です。

この細菌は便秘を防ぎ、消化器系のための本当のプロバイオティクスとして機能するので、代わりにラクトバチルスガセリの成分を選ぶことをお勧めします。

楽しくキレイに痩せるダイエット指導【Plez】 総額3万円台~ 全国どこでもOK

8.スーパーマーケットの”低脂肪”マークの付いた製品を捨てる

ダイエットを始めようとしているとき、まず最初にすることは、おそらく食べる脂肪を減らすことだと思います。

そのため、スーパーの食品に書かれた「低脂肪」の表示は、特に魅力的で有望に見えることがあります。しかし、これらの食品には変性脂肪や糖分が多く含まれているため、通常の脂肪分の多い食品よりもさらに有害なものとなっています。

さらに、食事から脂肪を追い出すことで、炭水化物を捨ててもお腹の脂肪は動かず、実際に効果があります。

9.ヒマワリ油の消費量を制限する

ヒマワリ油にはオメガ6系脂肪酸が含まれており、オメガ6系脂肪酸は、特に使いすぎると体に余分な脂肪を蓄積してしまうことで知られています。

栄養士は、毎日の食生活にオメガ3を取り入れることで、オメガ6のバランスを保つことを推奨しています。

このバランスを保つためには、オリーブオイルをメインの食用油として使用し、ヒマワリ油を最小限に抑えるようにしましょう。

余分な体重を落とそうとしているとき、運動とダイエットのどちらが効果的?健康的で美味しい食事は何ですか?

★ お気に入り追加