いちごバナナスムージーだけ飲んで痩せられますか?ファスティング効果!

医学的には飲食をしないことを断食といいますが、ダイエットのために断続的にスムージーだけを飲む「スムージー断食」をすることができます。体重を落とすには、消費するカロリーよりも消費するカロリーを少なくする必要があります。

ストロベリーバナナスムージーを作っても、1日の終わりにはカロリー不足になっていれば、痩せることができます。飲みすぎたり、高カロリーの材料を多く使ったりすると、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなり、かえって太ってしまうこともあります。

執筆者
gagalog編集部

gagalogを支える編集部。実際に購入した商品をレビューしたり、サービスを徹底比較して商品の情報を詳しいプロがお届け。おすすめをご紹介しています。

いちごバナナスムージーのダイエット効果

いちごバナナスムージーは栄養価が高く、美味しい飲み物です。
ただし、いちごバナナスムージーをファスティングに使うことでどのような効果が期待できるのでしょうか?

まず、ファスティングとは、一定の期間、固形物の摂取を控えて、胃腸の消化に負担のかからない飲み物だけを摂取する方法です。16時間ファスティングという方法が人気を集めており、この方法では、1日の内16時間を断食し、残りの8時間だけ食事を摂る方法です。

いちごバナナスムージーには、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれているため、身体に良い影響を与えることが期待できます[2]。また、スムージーを飲むことで、水分を補給することができます。

いちごバナナスムージーの材料とレシピ

イチゴ1個で46キロカロリー、バナナ(Mサイズ)1本で105キロカロリー。イチゴ2カップとバナナ2本を使って水だけでスムージーを作った場合、300キロカロリーのスムージーになります。

もし牛乳を使いたかったら、脱脂粉乳かスキムミルクを1カップ使うと、さらに91キロカロリーになります。無糖のプレーンな無脂肪ギリシャヨーグルトを1個入れると、100キロカロリーアップします。

飲み物の量

ストロベリーバナナスムージーの材料を選び、カロリーを計算したら、平均的な1日の消費カロリーを調べて、カロリー不足にならないように気をつけましょう。消費カロリーは、体重、身長、年齢、活動レベルによって異なります。

平均的な中年男性の1日の消費カロリーは、活動レベルに応じて2,400〜3,000キロカロリー、平均的な女性の消費カロリーは2,000〜2,400キロカロリーと言われています。この数字をもとに、1日に何杯のスムージーを飲めばカロリー不足にならないかを判断します。

断続的なファスティング

スムージーを使った減量のための断食には、さまざまな方法があります。間欠的な断食は、通常の食事をする日とカロリー制限をする日を交互に繰り返す、安全で効果的な減量方法です。

ただし、減量を成功させるためには、断食をしない日に食べ過ぎないように注意する必要があります。断食プログラムの1つは、1週間のうち5日間は通常の食事をし、2日間は摂取カロリーを500〜1,000キロカロリーに制限するというものです。

このプログラムでは、ストロベリーバナナスムージーだけを食べることが、カロリー制限をした2日間にあたります。

スムージー・ファスティングのメリット

研究では、カロリー制限食と断食を行った肥満の女性は、体重が減っただけでなく、脂肪量も減り、コレステロール値も低下しました。

また、1日1食または2食を液体の食事で置き換えるカロリー制限食を行った女性は、液体の食事を行わないカロリー制限食を行った女性よりも体重が減少しました。

スムージー・ファスティングのメリットは、減量だけではありません。液体の食事を摂ることで、消化器官を休ませることができます。重い食事を分解するのに時間がかからなくなると、酵素の働きが体内のデトックスに向けられます。

安全上の注意

多様な食品から微量栄養素を含む十分な栄養を摂取するためには、断食期間が長すぎないことが重要です。断続的な断食は、長期的な断食よりも、1週間かけて様々な食品から必要な栄養素をバランスよく摂取できる点で優れています。

クリニックでビタミンやミネラルのレベルを検査してもらい、不足していないかどうかをチェックすることができます。また、ファスティングプログラムや新しいダイエットを始める前に、認定栄養士に相談することも有効です。また、持病のある方や薬を服用している方は、スムージー断食を行う前にかかりつけの医師に相談しましょう。

スムージーは、果物や野菜などの栄養素を摂取できる便利な飲み物であり、ダイエットにも効果があるとされていますが、栄養バランスを考慮しながら摂取することが重要です。

スムージーダイエットで痩せたい場合、1日に1リットル以上のスムージーを飲むと効果が見られるとされています。

また、いちごバナナスムージーは、豆乳を使ったり、氷を入れず、いちごとバナナを凍らせて作るなど、ヘルシーなアレンジ方法もおすすめです。
これらのアレンジを取り入れて、栄養バランスを考慮しつつ、適度に飲むことで、健康的に痩せてダイエットが可能です。

しかし、スムージーを飲むだけでファスティングをするという方法は、あくまでも一部分のファスティングです。

以上のことから、いちごバナナスムージーをファスティングの方法として利用することで、身体には様々な良い影響を与えることができます。