テレワークに使える人気ソフト【Microsoft Teams】の説明と利用方法

更新日:
ガガログ編集部
Microsoftチームズ

現在、働き方改革、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務、テレワークを導入する企業が
続出しています。家で仕事をするようにと政府が企業に要請しているからです。

緊急事態宣言が出された県では、営業自粛やテレワークの普及が加速しています。

テレワークを開始する場合、どのツールを使えばいいか迷うものです。
Microsoft Teamsというソフトがあります。ZOOMも人気で売上高は80%伸び、利用者も急激に増加してます。

マイクロソフトチームズとは?

Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)は、Microsoftが提供しています。
コミュニケーションツールで、WordやExcelなど共同で編集作業が可能です。

Microsoftが買収して運営しているスカイプがありますが、2021年に終了するとMicrosoftは発表しています。
今後、Microsoftチームズの開発が加速しますので、今から、使い方に慣れておいた方がいいです。
スカイプからMicrosoftチームズへ移行する企業も増加しています。

Microsoftチームズの機能や使い方

通話機能や会議

通話をしたり、複数人でテレビ会議を出来ます。
利用方法は、スケジュールに設定して、ユーザーを招待して会議を始めます。

チャット機能

グループでのチャットや1対1でのチャットも可能です。LINEのように誰でも簡単に利用出来ます。

Wiki

Wikiは、多数のユーザーが共同で編集できる仕組みです。誰でも編集できるのが特徴でメモ、
共有したいこと、マニュアルなどWikiを利用すると大変便利です。社内Wikiを導入する企業も増加しています。

ofice365との連携がいい

・Outlookの予定表確認
・SharePointにも保存可能
・Planner、OneNote、Formsなど連携可能

拡張性が高く、新しく機能を追加することが出来ます。
社内のコミュニケーションが円滑になったり、社内データ受け渡し効率アップ、テレワークなどで利用可能です。
ファイルストレージ、一部機能が制限されますが無料で利用出来ます。

無料ですので、まずは導入してテレワークに試してみてはいかがでしょうか?

Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)は、テレワークやリモートワーク環境で特に人気のあるコラボレーションツールです。以下にその説明と利用方法をご紹介します。

Microsoft Teamsの説明

Microsoft Teamsは、Microsoftが提供するビジネス向けのコミュニケーションとコラボレーションのプラットフォームです。主に以下の機能が特徴的です。

チャット機能: チーム内でのリアルタイムなテキストチャットが可能です。個人チャットやグループチャットを使って、同僚と迅速にコミュニケーションが取れます。

ビデオ会議機能: ビデオ会議やオンライン会議が手軽に行えます。複数人でのビデオ通話や画面共有、プレゼンテーションを行うことができます。

ファイル共有: ドキュメントや画像、その他のファイルを共有できます。共有したファイルはチームメンバーとリアルタイムで編集することができます。

カレンダー連携: Microsoft TeamsはOutlookと連携しており、予定表やスケジュールを簡単に管理できます。

チームとチャンネル: チームを作成し、プロジェクトや部署ごとにチャンネルを設けることで、情報の整理やコンテンツの管理がしやすくなります。

Microsoft Teamsの利用方法

アカウント作成: Microsoft Teamsを利用するためには、Microsoftのアカウントが必要です。アカウントを持っていない場合は、登録を行ってください。

インストール: Microsoft Teamsはパソコン用のアプリケーションと、スマートフォンやタブレット向けのアプリが提供されています。利用するデバイスに合わせて適切なアプリをダウンロード・インストールしてください。

チームとチャンネルの作成: 利用するチームやプロジェクトに応じて、チームとチャンネルを作成します。

チャットとビデオ会議: チャットやビデオ会議を開始する際は、該当するチームやチャンネルに移動し、「新規チャット」や「ビデオ会議の開始」ボタンを押します。

ファイル共有: チーム内でファイルを共有する際は、「ファイルの追加」ボタンをクリックしてファイルをアップロードします。

Microsoft Teamsは、リモートワークやテレワーク環境での効率的なコラボレーションを支援する優れたツールです。多くの企業や組織で利用されており、効果的なコミュニケーションと業務の円滑化に貢献しています。

IT
ガガログ