脳の老化を抑制する4つの習慣とは?

ビジネス

この結果は、研究から得られたものです。

鍵は、加齢を受け入れること、ネガティブな考えをやめること、もっと動くこと、そして瞑想することだと、新しい研究が示唆しています。

精神的にも肉体的にも何十年も若い70代、80代の人たちです。

近年、科学者たちは、それ以外の人たちとの違いを研究し始めています。

些細なことでストレスを感じることなく、人間関係を大切にして、人生を受け入れる姿勢を語っていたのです。

1.加齢を受け入れる
第一のポイントは、加齢を受け入れることです。なぜなら、年齢とともに感情のバランスが取れてくるからです。

年をとると、人生の中でポジティブな状況を求めるようになり、嫌なことを避けるようになります。

それは、年長者の脳の働きによるものです。

若い人よりも困っている人に寄付をする傾向があります。

これは大きな驚きではありません。しかし、今ではこのことを生物学的に考えることができるようになりました。

年長者が本当に必要なのです。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

2.ネガティブにならない
老いを恐れることは、それ自体が危険であり、自己実現的な予言であることを示唆する研究結果があります。

加齢に対して非常にネガティブな固定観念を持っていますが、それは若い頃から始まっています。

加齢に対するネガティブな考え方は、加齢を加速させるので、排除したほうがいいでしょう。

3.体を動かす
運動の効果は次々と研究で明らかになっています。

新しい脳細胞が増え、幸福感と身体的健康が向上します。

また、アルツハイマー病などの神経系疾患の予防にもなると言われています。

4.瞑想する
瞑想は、不安や憂鬱を軽減し、生理学的な効果があることがわかっています。

様々な科学者によって行われています。

ダンディハウス PERSONAL GYM

タイトルとURLをコピーしました