睡眠不足の不思議な治療方法とは?熟睡できていない方必見!

ビジネス

睡眠不足
昨晩の睡眠不足に対する認識が重要な理由

実際よりもよく眠れたと信じるだけで、翌日の認知能力が高まることが、分かりました。

どちらも、睡眠の質の重要性と睡眠不足の危険性があります。

また、人が毎晩とるレム睡眠の平均量は20%です。

そして、「脳波の周波数」を測定し、数式やスプレッドシートを見せられました。

これらの測定はすべて偽物でした。

にもかかわらずです。

一方のグループは、レム睡眠に28.7%を費やし、「平均以上」の睡眠の質を得ていると言われました。
もう一方のグループは、レム睡眠の時間が16.2%しかない「平均以下」の睡眠をとっていると言われました。
これらの数字は、睡眠不足やレム睡眠とは全く関係がなく、一方のグループが他方のグループよりもよく眠れたと思わせるために作られたものでした。

その後、認知機能テストが行われました。

その結果、「よく眠れた」と言われた方は、「よく眠れなかった」と言われた方よりも、注意力や記憶力のテストで高いスコアを出したのです。

興味深いことに、前日の夜、自分がどのように眠ったと思っているかという自己申告のデータも集めました。

しかし、この自己申告と、注意力や記憶力の結果には、何の関連もありませんでした。

睡眠不足
この実験もまた、プラシーボ効果の好例である。

人々は、睡眠不足はあらゆる種類の悪影響を及ぼし、質の良い睡眠はあらゆる種類の利益をもたらすことを知っているので、パフォーマンスはその信念に合致しています。

プラシーボ効果はいまだに謎に包まれていますが、この効果は、期待と、パブロフの犬のように刺激と反応を自動的に結びつける方法の両方によるものである可能性が高いと考えています。

期待が睡眠の質の認知効果を直接生み出すのか、あるいは、睡眠の質が悪いという情報(あるいは実際の睡眠不足)を受けて不安が増大したり意欲が低下したり、あるいは高品質の睡眠に関する情報を受けて意欲が増大したりすることによって、それらが媒介されるのかもしれないです。

いずれにしても、昨夜どのように眠ったかは、実際にどのように眠ったかだけではなく、どのように眠ったと思っているかにも関係しています。

考え方を少し変えるだけで、パフォーマンスが向上する可能性があることが分かっています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました