なぜ男女は惚れて恋に落ちるのか?恋愛で別のものを愛するようになる7つの事!

恋に落ちる恋愛

愛は信じられないほどのものです。それは私たちの人生の流れを変える力を持っています。

愛の様々なタイプは、おそらく私たちが一生のうちに経験するであろう最も強力な感情であり、恐怖や憎しみに勝るとも劣らないものです。

愛は私たちを至福の幸せにしたり、信じられないほど悲しいものにしたりします。

愛は私たちの人生をマークし、形作っていきます。私たちが家族や友人、さらにはペットに感じる愛は、私たちに大きな影響を与えます。

しかし、ロマンチックな愛は全く別のボールゲームです。

それは自分が今までに経験するであろう最も混乱した感情である可能性があり、スリリングな高値とクラッシュの低値を持つ。

ロマンチックな愛に圧倒されているときは、無力感を感じることができます。

恋をしたことがある人なら、その気持ちはよくわかるでしょう。

それは自分が揺れている感じを残すことができますし、どちらが上にあるかわからない。

強力な恋愛ホルモンの影響下でなければ絶対にしないような決断をしてしまうこともあります。

また、それは自分が今までにされているよりも幸せにすることができます。

恋愛は、時間が経つにつれて変化し、感情が成熟するにつれて進化していきます。恋愛の初期は、スリリングではありますが、ストレスを感じることもあるでしょう。

しかし、長期的な愛に落ち着くと、物事は極端な感情ではなく、相互の信頼、尊敬、お互いのためのケアについてのより多くのものになります。

私たちがお互いを愛する理由とその背後にある基本的な科学を理解することは、恋愛の渦に巻き込まれたとき、特に出会ったばかりの人や、恋愛がうまくいかないと思われるときに、地に足をつけて見通しを保つのに役立ちます。

しかし、一緒にすべての感情の魔法を取るのはやめましょう。

愛は素晴らしい、主に不可解なものであり、我々はすべての時間を論理的にすることはできません。それは全く楽しいことではないでしょう。

時には、我々はちょうど、考えていない、とすべてを合理化しようとしない、感じなければなりません。

しかし、自分がする方法を感じる理由を理解することは、地面に自分の足を維持するのに役立ちます。

恋愛対象を失ったときに世界が終わってしまうように感じたり、愛情の対象なしでは生きていけないように感じたりする理由を理解するのに役立ちます。

また、恋愛関係に何を求めているのかを明確にし、自分のホルモンをコントロールして、長期的に自分にとって完璧なパートナーとなるのは誰なのかを認識するのにも役立ちます。

種としての人間が恋に落ちる理由を理解することは、個人的には、愛が自分のために果たす役割を把握するのに役立ちます。

自分がなぜそのように感じるのかについての洞察力を探しているなら、いくつかの説明を読んでみてください。

私たちが恋に落ちる3つの進化の理由

1.私たちの体が進化するにつれ、愛の能力が発達

互いに愛し合う能力、つまり強いペアの絆を育む能力があるからこそ、人類はこのような成功を収めてきたのだということは、広く知られています。

自分が気づいていない場合に備えて、人類は良くも悪くも、この美しい地球を支配してきました。

人間は、非常に大きくて厚い頭蓋骨の中に非常に大きな脳を持っています。

しかし、非常に還元的に言えば、アフリカのサバンナに木から降りてきて二本足で歩き始めた時、

そうなると、女性はより小さく、発達していない赤ちゃんを産まなければならなくなりました。そのため、女性は物語を語るために生き、成人するまで赤ちゃんに栄養を与えなければなりません。

他の哺乳類の赤ちゃんと比較すると、人間の赤ちゃんがいかに無力であるかがよくわかるでしょう。

生まれたばかりのキリンは、危険から逃げて母親から餌をもらうことができ、数時間以内に走り回っていますが、人間の赤ちゃんは、何年も何年も献身的な愛、ケア、保護を必要としています。

つまり、人間の赤ちゃんは、両親が二人いた方が生き延びる可能性が高いということです。

愛は、両親を一緒に保ち、物事が厳しくなっても、相手が必然的にそうなるように、相手をコミットし、ぶらぶらさせる動機となるものです。

私たちがパートナーや子供たちに感じる愛は、家族のユニットを形成するものであり、子供たちを育て、大人になるまでに確実に成長させるために一緒に働くことを意味します。

ロマンチックには聞こえないかもしれませんが、ほとんどの人が、人間がお互いに感じることのできる愛が、人類がこれほどまでに成功してきた理由の大きな部分を占めていることに同意しています。

2.脳が大きいということは、大きな感情を感じることができる

地球上のすべての動物の中で、私たちは最大の脳を持っています。

そして、その脳は、私たちが感情を圧倒することができることを意味しているようです。

私たちは極端なことをしています。

私たちは最も高度な言語能力を持っていますし、他の哺乳類よりも 互いに殺し合う可能性が高いです。

重要なのは、それが種として、それが感情になると、私たちは、すべてを出て行く傾向があるということです。

我々は半々で物事をしない。人間は極端な憎しみと情熱的な愛にも対応できるように進化してきた

それは私たちが生涯続くことができるパートナーシップを形成することができる理由に大きな役割を果たしているかもしれませんし、私たちは愛のために何でもするだろうと感じることができます。

3. ホルモンのせい

完全にホルモンに愛をチョークすることを認めます。進化と生殖にそれをすべて帰属させるのと同じように、概念の中で最もロマンチックなものではありませんが、バレンタインデーのカードが作られているものではありません。

私たちの誰もが本当に私たちの人生の残りの部分を一緒に過ごしたい人についての私たちの感じ方は、すべてホルモンにダウンしていることを受け入れたいと思いますか?

一方で、別れの痛みを経験しているときには、それはちょうど自分の脳は、自分がその人の周りにいたときにリリースされたホルモンからの撤退だという考えは、非常に慰めの一つになることができます。

しかし、その魔法を台無しにしたくなくても、長期的な献身的な愛は、オキシトシンとバソプレシンという2つのホルモンによって特徴づけられています。

この2つのホルモンは温かくてモヤモヤするもので、ロマンティックなパートナーとの長期的な絆を形成するためのモチベーションを高めてくれます。

自分が誰かを乗り越えるためにしようとしている場合は、愛は本質的にすべてのホルモンについてのものであることを自分自身に思い出させることは、最終的に自分のシステムを離れるようになりますが、トンネルの終わりに光を見るのを助けることができます。

私たちが恋に落ちる4つの社会的理由

ここまで、人間がお互いを愛するようになった物理的な理由を見てきました。

では、人生を共にする相手を見つけようとする動機付けに大きな役割を果たしている社会的な理由をいくつか考えてみましょう。

これらの理由は、表面の下にあるホルモン的なものとは異なり、私たちが探していることや感謝していることを普段から意識しているものです。

4.私たちは仲間を求めています

人間はもともと社交的な生き物であり、一人でいることを楽しむ人も多いですが、多くの人は他の人と一緒にいたいと思っています。

ロマンチックなパートナーとは、一緒に人生を歩んでいくことができる人のことです。自分が知っている誰かは、常に自分のためにそこにいるつもりです。自分が話しかけたり、一緒に冒険したり、寄り添ったりすることができる人。

5.サポートが必要

運が良ければ、頼りになる友人や家族の強力なサポートネットワークがあります。

しかし、ロマンティックなパートナーのサポートに勝るものはありません。

パートナーや配偶者は、自分が厚かましくも薄かしくも信頼できる人です。適切な関係は、自分が翼を広げて空を飛ぶために必要な安心感とサポートを与えることができます。

6.私たちは愛情を切望しています

ホルモンの話に戻ります。

他の人間との肉体的な接触は、気分の良いホルモンを放出して、私たちを満足感で満たしてくれます。

ロマンチックなパートナーは、私たちが切望する物理的な愛情を与えることができます。

7.現実的なことを考える

これも非常にロマンティックではありませんが、誰かと関係を持ちたいという願望や、相手への愛を感じることは、時には実用的な配慮によって動機付けられることがあります。

結局のところ、共有された問題は半分になった問題です。

自分の人生の中でロマンチックなパートナーを持つことは、多くの場合、経済的に理にかなっているし、通常、子育てや家庭の運営のようなものをはるかに簡単に処理することができます。

ロマンチックな愛着を持つことになると、実用性がもたらす力を過小評価してはいけません。

自分の愛を過剰に分析しないでください。
それは私たちがお互いを愛する理由を認識することは素晴らしいことですが、自分は信じられないほど、恋に落ちるの魔法のような経験に瀕している上に見逃していることを物事の背後にある科学にとても巻き込まれないでください。

私たちがお互いを愛する理由が何であれ、私たちは情熱的にそれを行い、私たちはそれをうまくやって、自分はそれがかかとの上に誰かのために頭の上に落ちるような感じを忘れることはありません。