記憶に残るノートの取り方や学習方法!成績を上げるには?

ビジネス

脳活動を測定した結果、手書きの方が学習効果が高く、記憶に残りやすいという研究結果が出ています。

複数の研究によると、手書きの方が心に強い印象を与えることがわかっています。

買い物リストや講義ノートを手書きすると、その内容をよりよく覚えているものです。

にもかかわらず、世界の多くの学校では、手書きがデジタル技術に取って代わられています。

ノルウェーの一部の学校やフィンランドの多くの学校では、手書き文字をまったく教えていません。

他の学校もこの傾向に追随すると思われます。

ここ数年の発展を考えると、手書きで文字を書く能力を失う世代が出てくる危険性があります。
研究と他の研究が示すように、これは非常に不幸な結果となるでしょう。

手で書いている時の方が脳が活発に活動していることがはっきりとわかりました。

ペンと紙を使うことで、脳に記憶を吊るすためのフックが増えるのです。

手で書くことは、脳の感覚運動部分の活動をより活発にします。

ペンを紙に押し付け、書いた文字を見て、書いているときに発する音を聞くことで、多くの感覚が活性化されます。

このような感覚的な体験は、脳のさまざまな部分の接触を生み、脳を学習のために開放します。私たちは共に、よりよく学び、よりよく記憶することができるのです。

手で書いたときのほうが記憶に残ることがわかっています。

また、手書きすることで、長期的に概念を吸収する能力が高まるとも言われています。

つまり、手書きでメモを取った方が理解度が高まるのです。

手書きの学習が重要だと考えています。

手で書くことを学ぶのは、少し遅いプロセスですが、子どもたちが手で書くことを学ぶという疲れる段階を経ることは重要です。

手の複雑な動きや文字の形を整えることは、いくつかの点で有益です。

キーボードを使う場合は、一文字ごとに同じ動きをします。

手で書くには、細かい運動能力と感覚のコントロールが必要です。

何度も脳を学習状態にすることが大切です。

エッセイを書くときはキーボードを使いますが、講義のときは手でメモを取ります。

手で書くことを学ぶことは、脳の発達に有益であると言います。



脳は何千年もかけて進化してきました。

脳は何千年もかけて進化してきました。行動を起こしたり、適切な行動を導くことができるように進化してきたのです。

脳を最大限に発達させるためには、脳が最も得意とすることに使わなければなりません。

本物の人生を生きなければなりません。

五感をフルに使い、外に出て、さまざまな天候を体験し、人と出会うことが必要なのです。

脳に挑戦しなければ、脳はその能力を十分に発揮できません。

そうすると、学校の成績にも影響してきます。



タイトルとURLをコピーしました