Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

失敗から立ち直り人生を軌道に乗せるための9つの成功方法

ビジネス
 

失敗から立ち直るにはどうすればいいのでしょうか?

人生で大きな失望を味わった後、おそらく100回はこの質問を自分にしたことがあるでしょう。特に、後悔や罪悪感を抱え、自分自身の正気を保とうとしているときには、答えは必ずしも簡単ではありません。

自分の人生が軌道に乗り、正しい方向に向かっていることがどれほど気分がいいか知っています。前進することは素晴らしいことであり、人生のすべてが太陽の光と楽しい日々であるならば、それは素晴らしいことではないでしょうか。

問題は、破滅の危機に瀕した自分を、どうやって再び生産的な人生を歩ませるかということです。

失敗から立ち直り、これまで以上に強くなるための9つの方法

心が折れて2つに砕け散ったように感じますか?
朝起きると、また涙と恐怖の日々がやってきます。でも、こんな風になる必要はありません。賢明な哲学者はかつて、「人生で何回転ぶかではなく、再び自分を立ち上げる回数が重要だ」と言いました。
ここでは、立ち直り、以前よりも良くなって登場するための9つの方法をご紹介します。

1.修復すべき点を明確にする

心のダメージを修復する前に、何を修復する必要があるのかを見極める必要があります。天井の水漏れで水道屋さんを呼ぶ場合、まずトラブルの原因を特定しなければなりません。そのため、配管工と同じように、自分のダメージを評価する必要があります。

問題がどこから来ているのかを知ることで、自分の人生のこの分野に取り組むことができるようになります。自分の問題は、自分の内側のサークルの人々から来ていることが判明した場合、自分は新しい友人を必要としています。自分の回復を妨げているものや、原因となっているものをリストアップして、仕事に取り掛かりましょう。

2.自分の態度をチェックする

子供がいる人は、子供に態度をチェックするように言うことをよく知っていると思います。しかし、大人もたまには態度をチェックする必要があります。自分が成長し、すべての責任を持っているからといって、自分が完璧であることを意味しません。

態度が良ければ、人生を前向きに捉えることができます。しかし、自分の態度が悪い場合には、自分の見解もそうなります。朝から気分が良く、笑顔でいられるかもしれませんが、仕事中に不機嫌なお客さんが一人でもいると、気分がどんどん落ち込んでしまいます。

人生の煩わしさに負けないようにするには、相当な努力が必要です。しかし、失敗から立ち直るためには、自分の態度をチェックする必要があります。

3.カウンセラーに相談する

時には、ちょっとした助けが必要です。自分が経験したどんな失敗も、間違いなく、自分に大きな影響を与えています。カウンセラーは、判断を下すことなく、自分が混乱を解消する手助けをしてくれる人です。

友人や身内に相談すると、どうしても偏った意見になってしまうことがあります。判断せずに自分と状況を見てくれる人がいれば、助けになるでしょう。さらに、カウンセラーは、不安やうつ、精神疾患、人生の失敗などを抱えた人を扱うために、長年の学校教育が必要です。

また、自分の秘密を身近な人に知られたくないものです。自分が戦っていることを誰も知らない方がいい場合もあります。特に、後で自分に不利になるようなことがあれば、なおさらです。

4.誘惑を排除する

例えば、自分が25キロの減量を必要とし、ダイエットをしているとしましょう。医者との体重測定で惨敗し、体重が増えてしまったとします。いつまでたっても体重が増えないと思っていた失敗が自分を落ち込ませ、何をどうすればいいのかわからなくなっています。

しかし、状況を把握してみると、家の中には誘惑が溢れていることに気づきます。身近にあるスナック菓子を我慢できずに太ってしまった。ダイエットをしようと思っても、棚の中を整理しなかった。

弱っているときには、甘いものを何でも食べてしまいます。この話を自分の状況に置き換えてみてください。どんな誘惑が自分をつまずかせているのでしょうか?

もしかしたら、失敗した恋愛で心がボロボロになっているかもしれません。しかし、自分は相手をソーシャルメディアや携帯電話の連絡先から、そして自分の人生から取り除くことを拒否しています。自分を縛る誘惑を取り除かなければ、この失敗から先に進むことはできないでしょう。

5.行動計画を立てる

癌になって医者に行くと、医療チームが治療計画を立てます。がんに限らず、病気は一朝一夕には治せませんから、回復に向けたステップを実行します。自分も同じように、取り繕うためのリストを考案してみるといいでしょう。

取り組むべき問題を特定することから始めたのだから、今度は計画を実行に移す番だ。紙とペンを用意して、目標を立ててみましょう。リストにあるものを消していくと、とても気分が良くなりますよ。

6.乗り越えられる乗り越えられると思う

自分の考え方は、回復プロセスの重要な部分です。小さなエンジンは、大きな荷物を丘の上まで引っ張る役割を担っていました。しかし、周りの人たちは、その荷物は重すぎるし、その巨大な山を引き上げることはできないと言い続けていました。

しかし、小さなエンジンは、否定的な意見を気にすることなく、”私はできると思う”と自分に言い続けました。この肯定的な言葉を繰り返せば繰り返すほど、彼は自信を深めていった。そして、丘の頂上にたどり着いたときには、言葉を変えたのです。

簡単に言えば、自分はやろうと思ったことは何でもできるということです。どんなに大きな山でも、どんなに越えられないように見えても、”私はできると思う”と自分に言い聞かせてください。

7.自分の行きたい場所を見つけよう

自分がどこにいたかは知っていても、どこに行きたいのかを考える必要があります。失敗から立ち直るためには、新しい場所にいる自分をイメージする必要があります。1ヶ月後、1年後、5年後の自分はどうなっているでしょうか?

ビジョンボードは、A地点からB地点に移動している自分の姿を見るのに最適なツールです。このボードは、挫折から脱却するのに役立ち、毎日、自分の目標や夢を思い出させてくれます。心が体に対して信じられないほどの力を持っていることが確認されています。

シンプルなビジュアルエイドは、やる気、自己効率、そして人生の全体的な見通しを向上させるのに役立ちます。このボードにはルールがないので、失敗しても大丈夫だということを覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました