人前で話すことへの恐怖心の原因とは?話すことへの恐怖心を克服する5つの方法!

話すことの恐怖恋愛

人前で話すことへの恐怖心は非常に一般的なものですが、だからと言って簡単に対処できるものではありません。

しかし、聴衆の前で話すことに直面したとき、なぜ私たちはとても緊張してしまうのでしょうか?

恐怖の根本的な原因を見ていきます。

また、恋愛、プレゼンテーションやスピーチをするとき、または単にグループの前で話すときに、自分自身と自分の神経を処理する方法について、いくつかの素晴らしい方法をご紹介します。

なぜこの恐怖は普遍的なのでしょうか?

多くの人が人前で話すことへの恐怖に悩んでいますが、それには何か理由があるはずですよね?

誰もが私たちを見ているということは、かなり強烈なものであり、私たちの体は他のストレスと同じように反応します。

我々は’戦いまたは飛行’モードに入ります。これは、私たちの体はいくつかの大きな物理的な労作のために準備するときです。

アドレナリンは、私たちはエッジで感じるようになります私たちの血流を介してコーリングを開始します。我々は、より多くの汗をかいたり、震えを開始するかもしれません。

神経のこれらの物理的な兆候は、私たちが不快に感じるようにするので、私たちは自分自身についてさらに自己意識を得ると、それはすべてが混乱のビットで終わる。

人によっては、他の人よりもうまく処理できる人もいます。自分もストレスへの反応を遅くして、人前で話すことを楽しむことができます。

練習が必要ですが、それは可能です。

人前で話すことに不安を感じているときは、自分だけではないということを覚えておくことが大切です。

多くの人が人前で話すことに悩んでいます。

なぜ人前で話すのが怖いのか?

人前で話すことに不安を感じるのは、どんなにくだらないことでも、ドラマチックなことでも、全く普通のことです。

中には、人前で話すことに不安を感じてパニック発作を起こす人もいます。これは何も恥じることはありません。

誰もがこの恐怖のためのわずかに異なる理由を持っていますが、それのためのいくつかの一般的な説明があります。

いくつかの人々のために、恐怖は過去の経験から来ています。

人前で話したり、プレゼンをしたりするときに過去に恥ずかしい思いをしたことがあれば、おそらく何らかの形でこの気持ちを抱えていることでしょう。

恥ずかしさの原因となったものと同じような状況に直面するたびに、自分はその記憶を思い出します。

そして、記憶は単なる視覚的なリマインダーではありませんが、相手はあまりにも感情的なリマインダーです。

だから、自分が恥ずかしかったときに戻って考えるとき、自分は再びそのように感じるようになります。

このように、「自分が何をしているのか」「何をしているのか」を知ることができます。

このように、スピーチをしている人の中には、人前で話すことに苦戦している人もいるでしょう。

このように、自分のスピーチのスキルは大丈夫だと思っていても、他の人が言葉を詰まらせているのを見ると、自分も詰まらせてしまうのではないかと自分を納得させてしまうのです。

間違ったことを言ってしまったり、少し間抜けな顔をしてしまう可能性があることを思い知らされてしまいます。

不安を感じやすい人、ストレスを感じやすい人、日々の活動に不安を感じている人は、もちろん人前で話すのは難しいと思います。

人前で話すことは、見た目から実際に何を話すのかまで、考えなければならないことがたくさんあります。

これは当たり前のことなので、自分を責めないでください。

もちろん、「うまくいかないかもしれない」という一般的な意識もあります。

これは、常識となっていることの一つであり、メディアでも紹介されています。

大きなスピーチやプレゼンテーションのあるテレビ番組や映画では、信じられないほどのストレスがかかることが描かれています – そして、ほとんど常に何かがうまくいかないのです。

私たちは無意識のうちに、メディアから人前で話すことを恐れるように教えられているので、それが有効でなければならないと自分自身を納得させているのです。

また、人前で話すことをどう感じるかは、周囲の人々にも大きく影響されます。

同僚が会議の前にストレスを感じていたら、自分もそれに気付いてパニックになってしまうでしょう。

人前で話すことへの恐怖心を克服する方法

人前で話すことに自信を持つためのヒントをいくつかご紹介します。

練習。
自分が人前で話すことにパニックになる人なら、自分はおそらくそれについて考えることを後回しにしています。

このような場合には、「スピーチをする」ということは、「スピーチをする」ということではなく、「スピーチをする」ということです。

このような場合には、「スピーチ」と「プレゼンテーション」の練習をすればするほど、実際にスピーチをするときには、より快適に感じることができます。

もちろん、自分でやってみてください。また、自分の声が苦手な場合は、背景に柔らかい楽器の音楽をかけておくと、自意識過剰にならずに話すことに慣れることができます。

このような場合には、「自分の声で話す」ということに慣れておくことが大切です。

このように、自分のスピーチは、自分の意見を述べた後に、自分の意見を述べることで、自分の意見を述べることができるのです。

これは、スピーチの5分間以上は気にしてもらえないことを知っているので、本当に助かります。

このように、スピーチをすることは、スピーチをする上でとても重要なことなのです。

模擬面接を開催している場所はたくさんありますので、何度かプレゼンテーションをしてみて、似たような場所を見つけることができるでしょう。

遠近感を得る

私たちの多くは、自分が注目の的になっているときに、多くのプレッシャーを感じます。

人前で話しているときは、自分がどのように見えているか、どのように聞こえるか、実際に何を言っているのかよりも、ほとんど意識している可能性が高いです。

このことを、ちょっと別の角度から考えてみてください。

話す人のスピーチを見ているとき、自分はその人に釘付けになり、手の震えを気にしたり、額が少しテカテカしていないかどうか気にしたりしていませんか?

けれども、その人が何を言っているのかを聞いていて、目がスライドを見たり、部屋の中を歩き回ったりするのは、一般的な会話と同じです。

自分は本当に相手のボディランゲージやスピーチの特定の側面に焦点を当てていることがわかれば、それは自分が自分自身でそれを意識しているためだけです。

私たちが焦点を当てている部分は、通常、ちょうど私たち自身の不安を反映しているだけであり、あまりにも他の誰もが焦点を当てている可能性は低いです。

自分は一人ではありません。
ほとんどの人は、相手の生活の中でいくつかの点でパニックや不快感のこの種を経験しています。

自分が誰かがパニックになっているのを見ることができない、または他の誰も相手がどのように緊張している言及することができないという理由だけで、それが起こっていないことを意味するものではありません。

最高経営責任者(CEO)は、会社全体のスピーチをするたびに、ポケットの中の紙クリップをいじる必要があるかもしれません。テレビに出ているプロフェッショナルは、何年もの訓練を受け、人前で話す方法を教わってきました。

人前で話すことに苦労しているときは、怖くて孤立しているように感じるかもしれませんが、自分は間違いなく自分の力ではありません。

過去の経験を忘れて、物事がどれだけ良くなるかに焦点を当てれば、前を向いていれば物事は良くなるでしょう。

不愉快であることに慣れる

自分の居心地の良い場所から少し外れていると感じることや、少し恥ずかしいと感じることに慣れるための良い方法がいくつかあります!私たちの多くは、人前で話すことで心を開きます。

恥ずかしい思いをすることを快適にすることは、人前で話すことや見知らぬ人とのおしゃべり、あるいはデートに行くことに関係なく、私たちができる最善のことの一つです。

自分が少し赤面するかもしれないときにそれがそんなに恐ろしいことを感じないように、頻繁に’愚かな’物事を行うために自分自身を強制します。

自分の声に慣れるために、会議で質問をするように努力しましょう。

人前で話すときに気まずい思いをすることができることの一つは、それがどのように通常とは異なる感じです – 私たちは通常、この赤や汗をかくことはありませんので、私たちは他のみんなからそんなに立っているように感じています。

実際には、他のほとんどの人は自分の肌の色や手のひらが汗ばんでいるかどうかを監視していません。

より多くの私たちは恥ずかしさの物理的な兆候に慣れることができます。

自分の体を準備します

我々は以前に述べたように、神経やストレスは、特定の身体的な反応になります。

これらを管理するために学ぶことができるいくつかの方法があります。

慎重にプレゼンテーションに至るまでに自分の体に何を入れるかを考慮することから始めましょう。

カフェインのようなものは、基本的に体をスピードアップさせます。会議の前にコーヒーを飲むと、エネルギーを高めてくれるように感じるかもしれませんが、血液をより早く体中に送り込み、同時にアドレナリンのレベルを高めます。

つまり、自分のストレスや興奮のレベルが急上昇することを意味し、少しジリジリした感じを終了します。

アルコールも同様の理由から、人前で話す前には飲まない方が良いでしょう。

糖分の摂り過ぎも、穏やかな気分になるための妨げになります。糖分の摂り過ぎは、エネルギーが急上昇したり、急に落ち込んだりして、さらにストレスを感じさせてしまいます。

自分がそれを作るまでそれをフェイクします

この一般的なアドバイスは多くの場合に役立ちますが、人前で話すという点では特に関連性があります。

自分が自信を投影すればするほど、より多くの人々は自分が自信を持っていると思い込んでしまうでしょう。

緊張していることを伝えるという過ちを犯さないようにしましょう。それは自分と自分のストレスレベルのために良くないだけでなく、それはまた、それはまた、自分がプレゼンテーションで素晴らしいつもりはないという人々の心に種を植え付けます。

私はプレゼンテーションの24時間前に吐き気があることを上司に伝えるというミスを犯してしまい、彼はそれに基づいて私がプレゼンテーションが苦手なのではないかと期待し始めました。

その期待は、その後、私自身の不安を煽り、それが必要とされるよりも、すべてのものがより多くのストレスになりました。

私はシフトを行い、私が提示することを楽しみにしていたと準備を感じていた方法について話し始めたとすぐに、彼はそれをミラーリングし、私はそんなに自信を感じた – と私の提示スキルはそんなに強くなった

我々は他の人に自分自身(と私たちの恐怖)について話す方法は、本当に相手が私たちを見る方法を決定するので、それは肯定的な精神的態度を持っていると肯定的な言語を使用することが重要です。

自分の恐れを認め、受け入れる

人前で話すことへの恐怖心を持つことの問題の一部は、罪悪感や恥ずかしさを感じることが多いということです。

私たちはこのように感じたくないし、私たちがコントロールできなくなるとイライラしたり、恥ずかしくなったりします。

これらの感情が蓄積され、話すこと自体よりも多くのストレスを引き起こしてしまうのです。

私たちが物事についてどのように感じるかを受け入れることによって、私たちはそれをすべて駆動している恐怖を超えて移動を開始することができます。

マインドフルネスの時間を作る

マインドフルネスは、特に人前で話すことになると、人生でできる最高のことの一つです。

自分が人前で話すことの任意のフォームを行う前に、良いマインドセットに自分自身を取得することは、常に有益になるだろう。

これは、自分のスピーチを短期的な記憶に定着させるための良い方法でもあります。

このように、スピーチでは、自分がどのように見えるか、どのように聞こえるかを気にする必要はありません。

また、スピーチやプレゼンテーションの前に、ある種の呼吸法を行うこともできます。

また、自分がどのようなスピーチをしたいのかを想像して、それが終わった後の自分の気持ちを考えてみましょう。

★ お気に入り追加