1週間で体重や脂肪を落とすダイエットテクニックと研究結果!

ダイエット

たった1週間でお腹の脂肪が11%減。

超低カロリーのクラッシュダイエットを行うと、わずか1週間で体重を5%減らすことができるという研究結果が発表されました。

また、このダイエットは、最初の1週間でお腹の脂肪を11%減らすことができます。

今回の研究では、1日に600〜800キロカロリーしか食べないというクラッシュダイエットを行いました。

これは、1日の推奨摂取カロリーの約3分の1以下です。

この摂取カロリーを達成するために、通常の食事を特別に処方されたシェイクやスープ、バーなどに置き換えることがよくあります。

また、クラッシュダイエットでは、大量の水や牛乳を飲み、食物繊維のサプリメントを摂取することもあります。

しかし、心臓病を患っている人は、急激な体重減少は心臓の機能を最初に低下させる可能性があるため、注意が必要であることが研究者らによって明らかにされました。

クラッシュダイエットは、ミールリプレイスメントプログラムとも呼ばれ、ここ数年でますます流行しています。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

これらのダイエットは、1日600〜800kcalと非常に低カロリーで、減量や血圧の低下、糖尿病の回復などに効果がありますが、心臓への影響についてはこれまで研究されていませんでした。

この研究では、21人の肥満の人を対象に、1日に600~800キロカロリーだけを食べるようにしました。

1週間後、彼らは体重の6%、内臓脂肪の11%、肝臓脂肪の42%を減少させました。

一方、心臓の脂肪分は44%も増加し、心臓の機能が低下しました。

しかし、8週間の試験の後、心機能は正常に戻りました。

超低カロリー食による肝臓脂肪の減少や糖尿病の回復などの代謝改善により、心機能の改善が期待できるはずです。

それどころか、最初の1週間で心機能が悪化し、その後改善に向かった。

カロリーの急激な低下により、脂肪が体のさまざまな部分から血液中に放出され、心筋に取り込まれる。

心筋は燃料として脂肪と糖のどちらかを好むため、脂肪に振り回されると心筋の機能が悪化します。

劇的なカロリー制限に体が適応する急性期の後、心臓の脂肪含有量と機能は改善されました」と述べています。

心臓に問題がある場合、激しいダイエットを始める前に、医師に確認することを勧めています。

心臓に問題を抱えている人は、超低カロリーダイエットや断食を始める前に医師に確認する必要があります。

心臓に問題がある人は、この初期の時点でより多くの症状を経験する可能性があるので、食事療法を監督する必要があります。

それ以外の健康な人は、初期の段階では心機能の変化に気づかないかもしれません。

しかし、心疾患のある人には注意が必要です。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

タイトルとURLをコピーしました