アルツハイマー型認知症のリスクを86%低減させる飲み物とは?

ビジネス

1日1杯飲むだけで、リスクが軽減される?

お茶を飲むことは、高齢者の認知機能障害のリスクを劇的に減少させることにつながります。

1日1杯のお茶を飲むだけで、55歳以上の高齢者の認知機能の低下が50%減少することが分かりました。

しかし、アルツハイマー病の遺伝的感受性を持つ人では、このリスクの減少率は86%にまで上昇しました。

緑茶、紅茶、ウーロン茶など、どの種類のお茶を飲むかは関係ありませんでした。

種類は関係なく、茶葉から淹れたお茶であることだけが重要だったのです。

認知症の予防に重要な意味を持ちます。

質の高い薬物試験が行われているにもかかわらず、認知症などの神経認知障害に対する効果的な薬物療法はまだ確立されておらず、現在の予防戦略は満足できるものではありません。

お茶は、世界で最も広く消費されている飲料の一つです。

毎日のお茶の飲用といった簡単で安価な生活習慣の対策が、人生の後半に神経認知障害を発症するリスクを低減することを示唆しています。

定期的に認知機能の老化の兆候を検査されました。

お茶の長期摂取が有益なのは、茶葉に含まれるカテキン、テアフラビン、テアルビジン、L-テアニンなどの生物活性化合物によるものです。

これらの化合物は、抗炎症作用や抗酸化作用などの生理活性を示し、血管障害や神経変性から脳を保護する可能性があります。

詳細な生物学的メカニズムの理解はまだ非常に限られています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました