資格勉強など学習効果を高めるための3つのポイント

ビジネス

20分余分に学習することで、新しい情報をきちんと吸収することができます。

新しい情報を定着させるには、「過学習」がカギとなる可能性があることが、分かりました。

この結論は、ある課題をすでに習得した後、20分後にも学習を続けた得られたものです。

この20分間の延長は、パフォーマンスの向上を定着させるのに不可欠だったのです。

上達しなくなった後も練習を続けることで、学習効果が保たれるのです。

これらの結果は、わずかな期間の過学習が、トレーニング後の可塑的で不安定な(学習状態の)状態を、新しい学習に対して弾力性があり、さらには混乱させる超安定化状態に劇的に変化させることを示唆しています。

通常、新しい学習は、その後のあらゆる学習によって中断される可能性があることが分かっています。

効果的な学習のために、以下の3つのポイントを推奨しています。

オーバーラーニングはトレーニングを素早く定着させる。
ただし、1つのテーマを過剰に学習すると、その後に続く同様の学習に支障をきたすことがあるので注意が必要です。

後から何かを学ぼうとしないこと。何かを過剰に学習しないと、先に学習したことを妨害してしまうことがある。
2つのタスクは、その間に数時間の時間があれば、干渉なく学習することができます。

過剰学習をした人(習得後も学習を続ける人)は、過剰学習をしなかった人よりも強い記憶を残しました。

過剰学習をしなかった人は、その後の課題で記憶の妨害を受ける可能性が高かったのです。

しかし、過学習の間に数時間の空白があれば、1つの課題がもう1つの課題のパフォーマンスを低下させることはありませんでした。

非常に重要なことを学びたいのであれば、過学習は良い方法だと思います。

過剰学習を行えば、学んだことが消えない可能性を高めることができるかもしれません。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました