睡眠中に記憶力が倍増!科学的に証明された驚きの音とは?

更新日:
ガガログ編集部

記憶力を劇的に向上させたいあなたへ、朗報です!

睡眠中に特定の音を聴くだけで、記憶力がなんと2倍になることが、科学的に証明されました。

本記事では、この画期的な発見について詳しく解説し、効果的な音の選び方、聴き方、さらには記憶力アップのための睡眠環境の整え方まで、徹底的にご紹介します。

脳波と音を同期させ記憶力向上

記憶力向上の鍵となるのは、脳波と音を同期させることです。

睡眠中に脳内に発生する低速振動リズムと音の振動を一致させることで、記憶の定着を促進する効果が得られます。

まるで、脳内に眠る記憶のスイッチをオンにするようなイメージです。

ピンクノイズで自然の力に包まれて記憶力アップ

研究で効果が確認された音の一つが、ピンクノイズです。

ピンクノイズは、雨音や風の音、波の音など、自然界に多く存在する音の総称です。

心地よいノイズが脳をリラックスさせ、自然な睡眠を促しながら、記憶の定着をサポートします。

脳波と音を同期させる3つのポイント

効果的に記憶力を高めるためには、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

ポイント

適切な音を選ぶ: ピンクノイズ以外にも、ホワイトノイズ、ブラウンノイズなど、様々な種類のノイズがあります。それぞれの特徴を理解し、自身の好みに合った音を選びましょう。
音量を調整する: 音量が大きすぎると、睡眠の妨げになります。音量は、小さめに設定し、徐々に上げていくのがおすすめです。
睡眠のタイミングに合わせる: 睡眠のどの段階で音を聴くかによって、効果が変わってきます。記憶力アップには、深い睡眠に入る直前に聴くのが効果的です。

記憶力アップのための睡眠環境の整え方

音の力に加えて、睡眠環境を整えることも記憶力向上に役立ちます。

ポイント

寝室の温度と湿度を調整する
寝具を自分に合ったものにする
寝る前にカフェインやアルコールを控える
寝る前にスマホやパソコンを見ない
など、質の高い睡眠を心がけましょう。

睡眠中に音を聴くことは、記憶力向上のための画期的な方法です。

今回ご紹介したポイントを参考に、あなたもぜひ試してみてください。