Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

人のIQを30%低下させる効果とは?

 

人のIQを大幅に下げる発言。

社会的に拒絶されると、その人の有効なIQが大幅に低下するという結果が発表されました。

人生でひとりぼっちになると言われた人は、分析的な推論能力が30%低下しました。

また、IQも約25%低下しました。

拒絶反応はIQを下げるだけでなく、人をより攻撃的にすることが他の調査で明らかになっています。

この結果は、知性が主に社会的関係を促進するために進化した可能性を示唆しています。

この調査では、性格テストを受けた人の中には、そのテストで「人生で一人になってしまう」と言われた人もいました。

その後、IQテストを行いました。

ダンディハウス PERSONAL GYM
3つの調査のいずれにおいても、「人生で

孤独になる可能性が高い」と言われた後、人々は著しい認知機能の低下を示しました。

このように、社会的排除の見通しは、人々の知的思考の能力を低下させました。

さらに、知的パフォーマンスの低下は、毎回、大きな効果として認められました。

人のIQが下がるのは、悩んでいるからだと考えています。

社会的排除は脅威となる嫌悪的な出来事であるが、人々は感情的な苦痛を抑えようと努力し、その結果、実行機能が低下して制御プロセスが損なわれると提案することで、認知能力低下のパターンを最もよく説明することができます。

つまり、一人ぼっちになってしまうと言われると、ネガティブな感情を抑えようとするため、集中力が低下してしまうのです。

知能と社会的関係には密接な関係があります。

結果は、知性が社会を支える手段として進化したという。
知能は、社会的関係の利点がないことを補うためではなく、社会的関係を支え、促進するための手段として進化したという見解と一致します。

発見は、人々が社会集団から排除されることで、知的思考の必要性がなくなったかのように反応したことを示唆しているとさえ受け取れます。

「いたたた…!」エルセーヌのエステ体験行ってみた!【画像あり】

タイトルとURLをコピーしました