腸内細菌とうつ病・不安症との意外な関係!ヨーグルトが効果的

ビジネス

うつ病や不安症が腸内細菌とどのようにつながっているのか。

プレバイオティクスを摂取することで、抗不安作用が得られることが分かりました。

プレバイオティクスが不安のレベルを低下させることを発見しました。

プレバイオティクスは、プロバイオティクスを含む食品と同様、機能性食品であり、純粋な栄養価以上の効果があります。

プレバイオティクスは消化されないが、腸内の健康なプロバイオティクス細菌の栄養となります。

プレバイオティクスを摂取した人は、不安や抑うつの重要な要素であるネガティブな情報に注意を払う傾向が減少したことがわかりました。

また、プレバイオティクスを摂取した女性は、不安や抑うつに関係するストレスホルモンであるコルチゾールの値が低くなっていました。

プレバイオティクスの効果は、既存の抗うつ薬や抗不安薬を服用した場合に得られる効果と同様でした。

腸とその微生物群と脳機能を結びつけています。

腸と脳のつながり
人間の脳機能と食品に摂取された細菌との間に関連性があることが分かりました。

多くの人が冷蔵庫にヨーグルトの容器を持っていて、楽しみのため、カルシウムのため、あるいは他の方法で健康に役立つかもしれないと思って食べているかもしれません。

ヨーグルトの内容物の一部が、環境に対する脳の反応の仕方を実際に変えている可能性が分かっています。

腸に問題が発生するまでは、落ち込んだり不安になったりしたことはなかったという声を何度も耳にしています。

腸と脳のつながりが双方向であることが分かっています。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました