Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

小説を読むと脳の連携が高まる

 

物語は心理的にも神経的にも心に痕跡を残します。

小説を読む前、読んでいる最中、読んだ5日後に持続的な神経学的変化が見られました。

脳の安静状態、つまり特に何もしていないときの脳の状態を評価するために、毎日スキャンを行いました。

その結果、小説を読み終わった後も、脳の休息状態に変化が見られました。

実際には小説を読んでいないにもかかわらず、接続性の高さを維持していました。これを影の活動と呼んでいますが、筋肉の記憶のようなものです。

このような結合性の高まりは、脳の中でも言語の受容に関連する領域である左側頭葉に見られました。しかし、このような脳の安静時の状態の変化は、比較的短期間でありました。

触覚や体性感覚をつかさどる脳の領域(体性感覚皮質)でも活動が活発になっていることがわかりました。

この変化は、被験者が小説を読み終えた後も5日間持続しました。

身体感覚や運動システムに関連する神経の変化が見られたことから、小説を読むことで主人公の身体に入り込むことができると考えられます。優れた物語は、比喩的な意味で他人の立場になれることはすでにわかっていました。生物学的にも何かが起こっているかもしれないと考えています。

つまり、優れた小説を読むと、心理的に心にその痕跡を残すことができる一方で、生物学的にも脳にその痕跡を残すことができるのです。

素晴らしい本は、多くの経験を残し、最後には少し疲れているはずです。読んでいる間、いくつもの人生を生きています。

タイトルとURLをコピーしました