より多くのことを記憶するための効果的な勉強方法

ビジネス

記憶は動的なものですが、より多くのことを記憶するためには、何を記憶すべきかという手がかりが必要です。

誰かに情報を伝えることで、より多くのことを思い出すことができます。

ある情報をすぐに他人に伝えた人は、後でより多くのことを覚えており、より長く記憶していました。

これは、単に教科書や授業のノートを読み直して後でもう一度勉強するのではなく、例えば誰かに具体的な内容を伝えるなど、積極的に情報を再生したり再生成したりする必要があります。

一週間後には、同じように記憶されていました。

学んだことを誰かに話すことは、教科書や授業のノートを読み直すだけではなく、学生にとって実に効果的な勉強法です。

学生は映画の大まかなプロットと映画の中の特定の詳細を覚えようとしました。

また、映画のタイトルなどの小さな手がかりも、映画の詳細を思い出すのに十分でした。

手がかりがあれば、突然、多くの詳細情報が戻ってきます。

永久に忘れてしまうわけではありませんが、それはストレージが不足していることを意味します。

それは良いことです。

つまり、私たちの記憶は、私たちが考えているほど悪いものではないということです。

使用された映画の性質について説明してくれました。

ほとんどの学部生が見たことがないと思われるような、主に外国の映画ややや無名のクリップを選びました。

クリップには、家族が食事をしているところや、子供が公園で遊んでいるところなど、1日の中で経験するような普通の日常的な出来事の短いシーンが含まれていました」。

より多く記憶するには
この情報を誰かに説明しようとすると疲れますが、努力する価値はあります。

学生たちに、自分を試してみてくださいと言っています。

自分で質問を書いて、それに自分で答えるだけでも、記憶に残りやすくなります。

残念ながら、情報を覚えようと思って講義の録音を読み直したり、受動的に聞いたりするだけでは、それに比べて優れた勉強法とは言えません。

テストや再テストが有効なのは、脳が適応力を持っているからです。

ほとんどの場合、重要なことは覚えていますが、重要でない詳細は忘れてしまいます。

脳が無駄な情報を大量に検索してしまうことは避けたいものです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました