Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

これで天才?脳の記憶力を2倍に向上する学習トレーニング!

 

この2つのトレーニングで、記憶力を2倍に。

印象的な記憶の偉業は、記憶をトレーニングすることで達成できることが、明らかになりました。

1日30分の作業をわずか40日間続けただけで、記憶容量が2倍になりました。

さらにトレーニングをしなくても、4ヵ月後には記憶力が向上していました。

トレーニング後は、記憶力テストの成績が大幅に向上しています。

行動の変化を誘発するだけでなく、トレーニングによって、記憶力のあるアスリートに見られるのと同様の脳の結合パターンが誘発されるのです。
トレーニングの前と後に脳スキャンを行いました。

その結果、トレーニング後の人々の脳は、大会に向けて記憶力を鍛えている「記憶力アスリート」に似ていることがわかりました。

記憶力のトップアスリートは、通常、500桁の数字をわずか5分で記憶することができます。

記憶のアスリートたちは、生まれつき特別な記憶力を持っていたわけではなく、何年もかけて記憶力を鍛えてきたのです。

一人の例外もなく、このような高いレベルのパフォーマンスを達成するために、記憶戦略を用いて何か月も何年もトレーニングを重ねてきたのです。

トレーニング後、人々は通常、約2倍の単語を覚えられるようになった。

しかし、長期的には戦略的なトレーニング(ロキの方法)が最も効果的でした。

一度、これらの戦略に慣れ、その適用方法を知ってしまえば、それ以上のトレーニングをしなくても、高いパフォーマンスを維持することができます。

脳をスキャンした結果、記憶力のあるアスリートには25の重要な接続ポイントがあることがわかりました。

また、学習に関連する脳領域には、2つの重要な接続性のハブがあることもわかりました。

これらの接続が影響を受けるのは理にかなっています。

これらはまさに、記憶のためにロキシー法を用いる際に求めていることなのです。

タイトルとURLをコピーしました