おなかの脂肪を落として楽に痩せるダイエット方法

ダイエット

お腹が出てきて体重が増えたことに悩んでいる気持ちはよくわかります。

お腹の脂肪は確かに気になるものです。特に、体型でお腹の脂肪が増えすぎている場合は要注意です。

いくつかの犠牲を払って、厳しいスケジュールに従うことで確実にいつか膨らんだおなかをスリムなウエストラインに変換することができます。

お腹の脂肪を取り除くことはもう問題ではありません。

おなかの脂肪を減らす方法

低脂肪の食事を心がける

お腹に脂肪がついてしまう原因は、食生活の乱れと運動不足だけです。赤身の肉をたくさん食べれば、走っても効果はありません。お腹の脂肪を遠ざけるためには、適切な種類の食品を適切な量だけ食べることが重要です。

リンゴ、イチゴ、プルーン、豆類、ブロッコリー、ニンジン、カリフラワーなど、繊維質の多い野菜や果物を中心とした食生活を心がけましょう。また、鶏胸肉などの低脂肪タンパク質や、玄米、全粒粉、緑葉野菜、多粒パスタ、豆類などの複合炭水化物も積極的に摂りましょう。さらに、揚げ物、ファーストフード、赤身の肉、加工食品などを避けると、より効果的です。

水を飲む

水をたくさん飲めば飲むほど、お腹の脂肪を早く取り去ることができます。水は体内の老廃物を排出し、お腹に溜まった脂肪を減らすのに役立ちます。水分が不足すると、脂肪の燃焼に重要な役割を果たす肝臓の働きが鈍くなります。

そのため、肝臓が脂肪を燃やす機能を果たさないと、体に脂肪が蓄積され、お腹が太ってしまうのです。そのため、毎日約1.5リットルの水を飲み、体に水分を補給して、お腹の脂肪を早く落とすようにしましょう。水と一緒に天然のフルーツジュースを飲むのも良いでしょう。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

歩くウォーキング

不必要なカロリーを消費し、お腹の脂肪を落とすためには、有酸素運動が非常に重要です。

しかし、カロリーを減らすために何キロも走る必要はありません。職場まで歩くだけで、お腹に脂肪がつくのを防ぐことができます。さらに、一日中、体調を整え、元気に過ごすための素晴らしい運動にもなります。

エクササイズ

単純な腹筋運動だけでは、お腹の脂肪を取り除くことはできません。腹筋だけでなく、上半身のクランチ、下半身のクランチ、腹筋、レッグレイズ、腹斜筋などのエクササイズも行う必要があるでしょう。また、週に何度か水泳をするのも良いでしょう。

これは、心肺機能を高め、腹部の筋肉を鍛えることで、お腹の脂肪を落とすために体全体を鍛えます。他にも、ジョギング、ランニング、エアロビクスなどの有酸素運動を行うことができます。

【女性専用マンツーマンボディメイクサロンRIZAP WOMAN】

食事を抜かない

お腹の脂肪を落とすためには、食事を抜くようにという栄養士やダイエットの専門家の話を聞いたことがあるはずです。しかし実際には、食事を抜いても体重が減ることはありません。それどころか、将来的に深刻な問題を引き起こす可能性があります。食事を抜くことで代謝率が下がり、カロリー消費量が減るからです。体内の脂肪を継続的に燃焼させるためには、脂肪燃焼効果の高い食品を食べて代謝を維持しましょう。

アルコールをやめる

お腹が出てくるのは、お酒をたくさん飲んだ結果であることが多いです。お酒を飲むことでカロリーを消費しているつもりでも、空っぽのカロリーがたくさん含まれているため、お腹にたくさんの脂肪がついてしまいます。ですから、お酒はやめたほうがいいのです。しかし、どうしてもアルコールを抜くことができない場合は、低炭水化物や低カロリーの飲料を選ぶとよいでしょう。

平らなお腹を手に入れるのに、ダイエットが必要です。適切な専門知識とモチベーション、そして根気があれば、すぐにお腹のカロリーを燃やして、スリムなウエストラインを誇示することができます。


お気に入り
タイトルとURLをコピーしました