Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

ダイエットに効果的な13の痩せる食品と悪い食べ物

体重を減らし、それを維持するために食事が重要であることは周知の事実です。もちろん、ドーナツやポテトチップスをたらふく食べても、減量の旅ではいいことはありません。しかし、一見健康に良さそうな食べ物でも、ダイエットの妨げになるものがあります。

減量に不向きな「ヘルシー」食品と、冷蔵庫に常備しておきたいウエストを細くする食品をいくつかご紹介します。

ダイエットに悪い食べ物

低カロリーだから、天然素材だから、加工していないからと言って、ダイエットの目標達成に安全とは限りません。ここでは、減量が目的なら避けるべき13の驚くべき選択肢をご紹介します。

豆類、レンズ豆、豆類
良い点は、この食品群にはタンパク質やその他の栄養素が豊富に含まれており、肉の代替品として最適なことです。悪い点は、カロリーが非常に高いことです。例えば、レンズ豆1カップは227キロカロリーですが、ブロッコリー1カップは31キロカロリーしかありません。

スイートコーン
その名前を聞いただけで赤信号が点滅します。スイートコーンはでんぷん質が多いだけでなく、グリセミック指数も高いのです。この食品を食べると、血糖値が急上昇し、数時間後に空腹を感じるようになります。

じゃがいも
ある人が1日20個のジャガイモだけを2ヶ月間食べ続け、そのことを伝えようと生きてきました。この野菜には栄養がたっぷり詰まっており、十分な量を摂取すれば1日分のタンパク質を摂取することができます。しかし、ジャガイモにはデンプンや炭水化物が多く含まれており、この過剰な糖分はウエストラインにとって良いものではありません。

ドライフルーツ
ドライフルーツは新鮮なフルーツほど栄養価が高くなく、カロリーも高く、砂糖が加えられている場合もあります。余計なカロリーを摂らないためにも、新鮮なフルーツを選ぶのが一番です。

アボカド
平均的なアボカドにはなんと332キロカロリーが含まれており、これは1,200キロカロリーの食事の4分の1以上に相当します。カロリー計算をしている人は、アボカドを食べないほうがいいかもしれません。

フルーツジュース
新鮮なフルーツは体に良いですが、100%フルーツジュースを飲んでも栄養価は同じではありません。フルーツジュース1杯のカロリーは、実際のフルーツ1個分よりも高く、製造業者は最終製品に余分な砂糖をこっそり加えています。

ダイエットに効果的な食品

カロリーを気にする人、余分な脂肪を避けたい人、お得な買い物をしたい人は、以下のヘルシーな食品を買いだめしておきましょう。

ブロッコリー
低カロリーで栄養価が高いブロッコリーは、ダイエットのためのスーパーフードです。でんぷん質が少なく、満腹感が長く続きます。

ケール
糖分やでんぷん質が少ないケールは、最も健康的な食べ物のひとつとして注目されているスーパーフードです。サラダに入れたり、炒めたり、生のまま食べたり、どのように調理してもおいしく、体によいのです。

カリフラワー
ブロッコリーと同様、カリフラワーも低でんぷん質で、血糖値を上げません。 満腹感が長く続くので、すぐに次のおやつに手が伸びてしまうこともないでしょう。

ベリー類
新鮮なブラックベリー、ブルーベリー、ラズベリー、イチゴは甘い味がしますが、実はグリセミック指数が低いのです。また、カロリーも低いので、ダイエットを中断することなく間食することができます。さらに、抗酸化物質が豊富なので、ビタミンの摂取量もアップします。

グレープフルーツ
代謝を上げたいなら、グレープフルーツを毎日1個食べてみましょう。グレープフルーツは、カロリーと糖分を低く抑えながら、余分なカロリーを消費するのに役立ちます。

調理したニンジン
生のにんじんはそのままでも健康的ですが、調理して糖分を取り除くと、さらに体に良いものになります。にんじんは食物繊維が豊富で、カロリーを取り過ぎずに満腹感を得ることができます。

ナッツ類
ナッツは高脂肪ですが、栄養学者がもっと必要だと言っているのは、良い種類の脂肪です。腹持ちが良く、栄養価も高いので、小腹が空いたときに不健康なスナックに手を出すのを防いでくれます。

カロリーを計算するのはやめましょう
カロリーはすべて同じというわけではありません。カロリーには同じエネルギーが含まれていますが、摂取したカロリーによって体内への吸収が異なります。例えば、果糖とブドウ糖はカロリーが同じでも、体内で異なる方法で利用されます。

さらに、摂取するさまざまな食品や大栄養素は、食べる量や頻度など、自分たちの食習慣に大きな影響を及ぼします。

食べる量とともに、何を食べているかを意識することが大切です。食生活を少し変えるだけで、減量が一気に進み、目標に向かって目に見えて前進し始めるかもしれません。

あわせて読みたい
    error: