あるビタミンは体重減少を2倍にするダイエット効果があると判明?

ダイエット

このビタミンの含有量が多い人は、ダイエットしたときに体重が減る傾向があります。

一般的なビタミンやミネラルの中には、体重減少に関係するものがあります。

その中でも、ビタミンDの濃度が高いことは、ダイエットやお腹の脂肪を減らすことに繰り返し関係しています。

ビタミンDの濃度が高い人は、ダイエットをしても体重が減る傾向にあります。

カルシウムとビタミンDを含む牛乳を飲むと、体重が2倍になるという結果が出ています。

ビタミンDが炎症のバイオマーカーに影響を与えたのは、体重が基準値の5%以上減少した女性に限られています。

これは、ビタミンDが、体重減少による炎症への影響を増強することを示唆しています。

最大で50%の人がビタミンD欠乏症である可能性があります。

このビタミンが不足すると、体内の炎症が増加すると言われています。

ビタミンDを多く含む食品は、卵、サケなどの油性の魚、キノコ類、乳製品、シリアルやジュースなどのビタミンDが強化された食品などです。

また、ビタミンDが不足している場合には、ビタミンDのサプリメントを摂取することで同様の効果が得られることを示唆する証拠もあります。

体重減少への関与に加えて、ビタミンDはがんのリスクにも有益な影響を与える可能性があります。

慢性的な炎症状態は、癌細胞の増殖を促進すると考えられています。

減量は炎症を抑えるので、がんのリスクを減らすもう一つのメカニズムを表しています。

もし、ビタミンDが充足している、あるいは最適なレベルにあることで、減量だけではなく、炎症を抑えることができるのであれば、がんのリスクを減らすための手段として重要な役割を果たすことになります。

タイトルとURLをコピーしました