Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

1日のカロリー摂取量を極端に減らすことの危険性とは?

 

食べ物は、呼吸や血液の送り出しから、より複雑な動作や作業まで、生命の基本的な機能のすべてを果たすために必要なエネルギーを体に供給します。安静にしていても、体は常に動いています。そのため、1日に十分なカロリーを摂取して、エネルギーを補給することが重要です。

生まれたときに男性だった人は1日あたり2000〜2800カロリー、生まれたときに女性だった人は1日あたり1600〜2400カロリーを平均的に摂取する必要があります。1日の摂取カロリーが800kcal以下のものを低カロリーダイエットと呼びます。

不健康な流行のダイエットは、超高速で体重を減らすイメージがありますが、800キロカロリーのダイエットは、特に医師の処方がない場合、深刻な健康上のリスクがあります。

医師が低カロリー食を処方する場合もありますが、流行のダイエットとは異なり、医療従事者は、ダイエットの正当な緊急性だけでなく、患者が必要な栄養やサポートを受けることができるかどうかを確認します。

ここでは、超低カロリーダイエットが安全でない、不健康な方法であること、そして減量目標を達成するためのより現実的な選択肢をご紹介します。

1. 体に必要な栄養素を摂取できない

健康な体を維持するためには、食物繊維、ビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養素が必要です。例えば、骨の健康にはカルシウム、心臓の健康にはカリウムやマグネシウム、腸の健康には食物繊維などが必要です。カルシウムが足りないと、骨の病気や骨折のリスクが高まります。

カリウムやマグネシウムが足りないと、心臓のリズムが不規則になり、動悸がしたり、脳卒中や心筋梗塞になったりする可能性があります。食物繊維が少なすぎると、便秘や血糖値の乱れ、さらには大腸がんの原因にもなります。1日800キロカロリーの食事では、体に必要な栄養素をすべて摂取することはほとんど不可能です。

2. 体のだるさが増す

超低カロリーの食事は、体をサバイバルモードにします。つまり、体が機能するために必要なエネルギーを得るために、筋肉が蓄えていたブドウ糖を分解し始めるのです。たとえ運動をしても、筋肉の量は減り、あらゆる動きに対応する力が弱くなります。

さらに、1日に十分なカロリーを摂取しないと、エネルギーを節約するために代謝が低下し始めます。これにより、不必要な疲労感を感じることも多くなるでしょう。

3. 生活の質が低下する可能性がある

超低カロリーの食事は、健康に悪いだけでなく、不快感を伴うさまざまな副作用を引き起こします。まず、空腹感と疲労感を常に感じるようになります。また、便秘、下痢、めまい、胃痙攣、頭痛、口の渇き、抜け毛などの症状が出ることもあります。

極端な低カロリーの食事は、摂食障害につながることもあります。例えば、極端にカロリーを減らすと、空腹感が急激に高まり、暴飲暴食につながることがあります。1日800キロカロリーのダイエットに伴う苦痛や不快感だけでも、追求する価値はないというのが多くの人の意見でしょう。

4. 精神力が低下する

脳が正常に機能するためには、継続的なブドウ糖の供給が必要です。ブドウ糖がないと、頭の回転が鈍くなります。脳に必要なものは、ブドウ糖だけではありません。脳を正常に働かせるためには、栄養素も必要です。

低カロリーの食事をしていると、飢えた脳は、卵を焼いたり、ランプをつけたりといった基本的な作業を忘れてしまいます。また、簡単な会話やテレビ番組、仕事など、何かに集中する能力も低下します。

5. 胆石症の可能性が高まる

1日800キロカロリーのダイエットによる深刻な副作用として、胆石が挙げられます。これは、体が不足したエネルギーを得るために脂肪を分解し始め、その結果、肝臓から通常よりも高いレベルのコレステロールが分泌されるために起こります。

その高コレステロールが胆汁と結合すると、胆石ができやすくなります。胆石は、体重が急激に減少している人によく見られます。胆石ができると腹痛がひどくなり、手術が必要になることもあります。

6. 体重減少が長続きしない

低カロリー食は短期的には体重を減らすのに役立つことがわかりました。しかし、その体重減少は通常、長期的には続きませんでした。

その理由は簡単で、ダイエットをやめてしまうと、すぐに体重が戻ってしまうからです。800キロカロリーのダイエットは、健康上の理由からも持続可能とは言えず、望む結果も得られないため、やめておきましょう。

超低カロリーダイエットの代替手段

1日800キロカロリーのダイエットは危険であり、継続できません。カロリーを減らして体重を減らしたいのであれば、もっと安全な方法があります。

間欠的な断食をする

間欠的断食とは、食べてもよい期間と食べてはいけない期間を設ける食事法です。食べる時間帯に何を食べても構いません。唯一の制限は、食べる時間です。断食のサイクルとしては、16時間断食と24時間断食がよく知られています。16時間の断食サイクルでは、毎日8時間の食事が可能です。24時間断食法は、週に2回だけ行います。

断食は人類の進化の一部です。狩猟採集民の時代には、食料源へのアクセスが限られていたため、一日中食事をしない日が続きました。狩猟採集時代には、食料が限られていたため、一日中食事をとらずに過ごしていました。

間欠的な断食は、減量のためのポピュラーな方法ですが、適切に行えば安全で効果的であることが研究によって示されています。断食を始める前に、栄養士や医療専門家に相談するようにしてください。

1日のカロリーを少し高めにしてみる

1日800キロカロリーのダイエットは危険かもしれませんが、1日のカロリーを少しだけ上げることは、一般的には危険とは考えられません。1200カロリーのダイエットや1200カロリーのメニューは簡単にできるものが多く、1200カロリーのダイエットは多くの人にとって健康上の安全性の基準内です。

1400カロリーのダイエットは、性別を問わず、多くの人に適しています。全体的に、研究者たちは、1200カロリーと1400カロリーのダイエットは、安全で効果的なダイエット方法であることを発見した。1日に十分な栄養素を摂取していれば、カロリー制限は安全に行うことができます。

タイトルとURLをコピーしました