寝る前に牛乳を飲むべき理由とは?睡眠の質を向上させるやダイエットなど良い睡眠効果!

牛乳健康

牛乳は優れた栄養源であり、骨にも良いですし、寝る前に飲むとさらに効果があります。例えば、眠りにつくのが早くなったり、夜中に目が覚めずにぐっすり眠れたり、ダイエット効果も期待できます。

寝る前においしい牛乳を飲むことで、健康的な生活を送ることができると考えているので、ぜひ試してみたいと思います。

牛乳には睡眠の質を向上させる成分が含まれています。

寝る前に牛乳を飲むべき理由

人や動物を対象としたいくつかの研究で、牛乳を飲むことでより良い睡眠につながることがわかっています。牛乳にはトリプトファンとメラトニンが含まれています。トリプトファンはセロトニンの生成に重要な役割を果たしており、セロトニンは気分を高め、リラックスするのに役立ち、メラトニンの前駆体としても機能します。

メラトニンは概日リズムを整え、睡眠の準備をしてくれます。研究によると、メラトニンとトリプトファンのサプリメントを摂取することで、睡眠時に悪化する不安感や抑うつ感を軽減できることがわかっています。

牛乳は優れたたんぱく質源です。
寝る前に牛乳を飲むべき理由
寝る前に夕食を食べるのが早すぎると、一晩中眠れなくなってしまうことがあります。夜中にお腹が膨れて目が覚めてしまうのを避けたいなら、寝る前に牛乳を飲んでみましょう。

寝る前に牛乳を飲むことには心理的な側面もあります。
ある程度、寝る前に牛乳を飲むことで、夜の儀式としてリラックスして寝る準備ができるようになるため、眠りにつくことができるのではないでしょうか。また、温かい牛乳を飲むと、子供の頃に寝る前に牛乳を飲んだことを思い出し、良い思い出がよみがえり、心を落ち着かせる効果があるのではないかという説もあります。



ダイエット効果も期待できる

牛乳を飲むことを睡眠を助けるための儀式にして、それが機能するならば、それは自分の減量を助けることができます。睡眠の質が悪いと余計に体重が増えてしまうので、睡眠の質を改善することで元の体重に戻せる可能性があります。牛乳には栄養価の高いタンパク質も含まれているので、深夜に間食をして太る原因にもなります。

無駄のない筋肉量を増やすことができる

牛乳にはカゼインとホエイと呼ばれるタンパク質が含まれています。いくつかの研究では、夜にカゼインとホエイプロテインを摂取することで、一晩中の筋肉のタンパク質合成を増加させることができることが示されています。

ただし、乳糖不耐症であることに気づかない場合もありますのでご注意ください。症状としては、膨満感、ガス、痙攣などがあります。

自分は寝る前に牛乳を飲みますか?冷たい方が好きですか、温かい方が好きですか?ミルクを飲むと寝つきが良くなりますか?

「眠る」ことは生きる力「BRAIN SLEEP PILLOW」

★ お気に入り追加