7人に1人が患っているという不思議な新睡眠障害

ビジネス

15%が過去1年間にこの睡眠障害を経験し、そのうち半数が週1回以上の頻度で経験していることがわかりました。

7人に1人が、起床直後や朝方に「睡眠時無呼吸症候群」に罹患している可能性があることが分かっています。

睡眠時無呼吸症候群とは、起床時の激しい混乱(通常の朝の目覚めの悪さをはるかに超えるもの)や、不適切な行動(目覚ましを止めずに電話に出るなど)を伴うものです。

混乱した状態での目覚めは、睡眠不足や時差ぼけでも起こり得ますが、この障害を持つ人にとっては日常茶飯事です。

また、強制的に起こされた後には、暴力的な行動をとったり、その出来事について完全に記憶を失ったりすることもあります。

睡眠の習慣や、何らかの症状に悩まされたことがあるかどうかを尋ねました。

その結果、15%の人が過去1年間に少なくとも1回の睡眠酔いのエピソードを経験していることがわかりました。

そのうち半数以上の人が、毎週1回のペースでエピソードを経験していました。

また、そのほとんどの人が、睡眠障害を抱えていたり、睡眠サイクルに影響を与えることが知られている抗うつ剤など、精神状態に影響を与える薬を服用しています。

37%がうつ病、パニック障害、不安神経症などの精神疾患を患っていました。
31%が抗うつ剤などの向精神薬を服用していた。
また、睡眠時間が短すぎる人(6時間未満)と長すぎる人(9時間以上)の両方が、睡眠時無呼吸症候群を経験する可能性が高いことがわかりました。

睡眠時無呼吸症候群は、単なる睡眠障害の1つの症状ではなく、別のカテゴリーに分類する必要があるのかどうかは分かっていません。

このような混乱した目覚めのエピソードは、これまであまり注目されていませんでしたが、一般の人々の間で高い確率で発生していることを考えると、どのような場合に発生するのか、また治療が可能なのかよく分かっていません。

また、睡眠障害や精神的な問題を抱えている人は、これらのエピソードのリスクが高くなる可能性があることを認識する必要があります。

この障害の治療には、根本的な睡眠の問題をターゲットにすることが必要で、そうすれば通常は軽減されます。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました