Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

思い出はどのようにして世代を超えて受け継がれるのか?

 

記憶は遺伝的に世代を超えて受け継がれることがあります。

ストレスの記憶が細胞から細胞へ、つまり母から娘へと伝達されることで、世代を超えて受け継がれることが分かりました。

ある匂いに対する恐怖の記憶が、子供がその匂いを体験しなくても、親から子へと受け継がれることを示した調査結果があります。

エピジェネティクスと呼ばれるこのプロセスは、例えばストレスの多い出来事によって遺伝子自体が変化するのではなく、遺伝子のパッケージや発現の仕方が変化することを意味しています。

「記憶」は遺伝子コードを通じて受け継がれるという、議論の的となっている説を裏付けるものです。

エピジェネティクスについては、そのメカニズムが証明されていません。

エピジェネティクスでよくヒストンという特定のタンパク質に起こる「メチル化」という化学変化を利用しています。

このタンパク質は、すべての多細胞動物に存在しています。

メチル化マークが細胞分裂や世代を超えて受け継がれるかどうかについては、継続的な議論が行われてきましたが、それが明らかになりました。

メチル化マークを作り出す遺伝子をノックアウトしたワームを繁殖させた。

その後、正常な虫と交配させました。

正常な虫と変異した虫が分裂して成長するときの染色体を追跡することで、重要なメチル化マークが世代を超えて移動する様子を確認することができました。

世代を超えたエピジェネティックな継承は、解決された分野ではなく、非常に流動的なものです。

エピジェネティックなマーカーの候補は何十種類もあります。

親子間のエピジェネティックな継承を記録した調査では、何が継承されているのかが明確ではなく、それを分子レベルで理解することは非常に複雑です。

受け継がれるエピジェネティックメモリーの具体例を持っており、それを顕微鏡で見ることができます。

タイトルとURLをコピーしました