週に1時間で脳を5歳若返らせる方法とは?

ビジネス

週1時間の運動で、記憶力と思考力が飛躍的にアップ

有酸素運動をすると、脳の老化を5年遅らせることができるという研究結果が発表されました。

短時間の運動を週に3回行うだけで、記憶力や思考力の時間を巻き戻すことができることが実証されました。

運動は、これらの機能に不可欠な脳の部分に、より多くの血液を送り込むのに役立ちます。

年齢を重ねるごとに、精神的にも肉体的にも少しずつ衰えていきます。

しかし、たとえ人生の後半に運動を始めたとしても、脳への恩恵は計り知れないものがあります。

確かに、有酸素運動は血液を体中に行き渡らせます。

研究では、有酸素運動は脳にも血液を送り込み、特に言葉の流暢性や実行機能を司る領域に血液を送り込む可能性があることがわかりました。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

特にアルツハイマー病などの認知症や脳疾患のリスクがある高齢者にとって、重要な意味を持つかもしれません。

この研究では、運動をほとんどしない平均年齢66歳の成人206人を対象としました。

相手は、1日20分から40分の有酸素運動を週3回行いました。

6ヶ月後には、思考力が6%向上し、言葉の流暢さが2.4%改善しました。

この言語的流暢性の変化は、5歳若い人に見られるようなものです。

また、脳への血流も2.8%増加しました。

研究では、6ヶ月間の激しい運動が、記憶力や精神的な鋭さだけでなく、言語能力を特に向上させる脳の領域に血液を送り込む可能性があることを示しました。

このような結果は、通常の加齢によって減少することが予想される時期に、このような増加が見られたことはエキサイティングです。

無料・無制限に英会話練習ができる!hiro式・オンライン英会話スクール~自宅留学のすすめ~

タイトルとURLをコピーしました