女性がよく使う7つの防衛メカニズムとは?男性と女性との違いがよく分かる!

更新日:
ガガログ編集部
女性拒否反応

人は日常生活でストレスやトラウマ的な状況に直面する際、さまざまな防衛メカニズムを用いて自己を守ろうとします。特に、男性と女性の間には興味深い違いが存在します。本記事では、特に女性がよく使う7つの防衛メカニズムを探ってみましょう。

女性がよく使う7つの防衛メカニズム

人はストレスの多いトラウマ的な状況に直面する際に、異なる方法で反応し、男性と女性が採用している防衛メカニズムの間には興味深い違いが存在します。

もちろん、これらの反応は個人によって異なり、性別に完全に限定されるものではありませんが、女性に特有のいくつかのメカニズムには注目すべきものがあります。

否定

否定反応は、「いや、こんなことは起きていない」という考えに至るものです。特定の状況があまりにも不快で、直面するのが苦痛だと感じる場合、人はシンプルにそれが存在しないかのように振る舞うことがあります。
相手の問題を無視し、笑顔で「すべて大丈夫ですよ」と伝え、事実上問題を見ないふりをすることがあります。

特に幼少期のトラウマの場合、否定は自分を守るための有効な方法となることがあります。まるで問題が存在しなかったかのように、それを深く封印するように対処します。

しかし、末期の病気など、現実を直視せざるを得ないような状況では、否定は一時的なものに留まることが少ないです。否定の後に現実を直視することが必要になりますが、その過程で深刻な破壊的な影響が生じることもあるのです。

リアクションの形成

これは、若い頃にケンカを経験した人に見られる特徴で、相手に対して怒りや不満を直接表現する代わりに、衝突を避けるために甘く優しい態度を取ることを指します。
言い換えれば、自分の本心とは正反対の行動を示すことがあります。これは、彼女が自身の負の感情を和らげるためにプログラムされているためで、180度の変化を見せることがあります。

葛藤回避型の女性は、自分の感情を表現する代わりに相手に大切にされ、愛されていると感じてもらうことで、恋愛において失敗することがよくあります。

彼女は相手の反応を恐れ、相手の怒りや動揺を招きたくないため、自身の傷や不満を表現することができません。そのため、「肯定的な」感情表現にそれを向けてしまうのです。

抑圧

抑圧は、無意識のうちに記憶や感情を追放し、精神の網の目の部分に隠してしまうことを指します。抑圧は、不快な感情を避けるために起こることがよくあります。
このメカニズムは、性的暴行などのトラウマによって引き起こされることがあるほか、物理的な攻撃を目撃した経験が原因となることもあります。

抑圧された感情は、不安やパニック発作、うつ病、夜驚症などの形で現れることがあります。問題が抑圧されたまま放置されると、悪影響が拡大することもあるため注意が必要です。

知的化

知的化は、感情的に準備ができていない困難な状況に対処する際によく見られます。高度な教育を受けたり、強いキャリアを持つ人々によく見られる特徴です

恋愛
ガガログ