脳の老化を食い止めるいちご!精神的な衰えや体内の炎症も軽減する

ビジネス

イチゴに含まれる天然化合物が、老化による精神的な影響を軽減してくれるというのです。

抗酸化物質であるフィセチンが、加齢による精神的な衰えや体内の炎症を抑えることができました。

フィセチンは、イチゴ以外にもリンゴ、タマネギ、キュウリ、柿など、他の多くの植物にも含まれています。

企業はフィセチンをさまざまな健康食品に配合しています。

フィセチンはアルツハイマー病だけでなく、多くの加齢に伴う神経変性疾患の予防に役立つのではないかと考えられています。

フィセチンが加齢に伴う記憶喪失を軽減することがわかっています。

アルツハイマー病にかかりやすいように遺伝子組み換えされたマウスを使って行われました。

もちろん、マウスは人間ではありません。

しかし、十分な類似性があるので、フィセチンは、散発性ADの治療だけでなく、一般的な加齢に伴う認知機能への影響を軽減する可能性があると考えています。

フィセチンを与えられたグループは、加齢に伴う障害をほとんど受けていなかったのです。

タイトルとURLをコピーしました