運動が脳の健康に最も効果的な人生のステージ

ビジネス

運動は、さまざまな方法で脳の健康を促進します。

新しい研究では、人生の早い段階での運動が腸内細菌を改善し、それが脳の健康を促進することがわかりました。

人間の発達初期には、生涯にわたる脳の健康を向上させる機会の窓があるのです。

運動は、代謝的にも精神的にも健康のさまざまな側面に影響を与えますが、これらの腸内細菌の可塑性については、ようやく注目され始めたところです。

それが斬新な点の一つです。

人生の早い時期に十分な運動をした人は、腸内にプロバイオティクス細菌の種が多いことがわかりました。

腸内細菌の強固で健全なコミュニティは、健全な脳機能を促進し、抗うつ効果をもたらすとも考えられます。

ヒトの脳が腸からの微生物のシグナルに反応することが明らかになっています。

いわゆる「腸脳軸」に関して、腸内細菌の精神的重要性が明らかになり始めています。

例えば、腸内細菌は、不安や抑うつを引き起こすのに重要な役割を果たしている可能性があります。

これは、プロバイオティクスが悲しい気分の悪化を防ぐという結果を説明するものです。

プロバイオティクスは、腸内細菌を安定させる働きがあると考えられます。

別の最近の研究では、プロバイオティクスが不安を軽減する可能性があることもわかっています。

自閉症も腸内細菌との関連が指摘されています。

自閉症の不思議な点の一つは、主に脳の障害と考えられているにもかかわらず、胃腸の問題を伴うことが多いことです。

例えば、自閉症の人の多くは、炎症性腸疾患や、便秘や腹部の痙攣などの消化器系の問題も抱えています。

このことから、腸が脳とどれほど関係しているのかと考えています。

ご覧のように、答えは「かなり多い」です。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました