Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

頭の良さにつながる最も大事な睡眠パターン!

 

半数の人が推奨される睡眠時間よりも約1時間短い睡眠時間をとっていました。

新しい調査では、1日7〜8時間の睡眠が脳にとって最適であると結論づけています。

睡眠時間がこれより長かったり短かったりすると、認知能力の低下につながります。

しかし、今回の調査では、半数の人が推奨される睡眠時間よりも約1時間少ない睡眠時間でした。

睡眠時間が4時間以下の人の脳は、認知能力が9歳も高かったのです。

睡眠時間が長すぎる場合も、認知機能の低下につながりました。



睡眠調査は数多くありますが、かなり広範なアンケートを行い、服用している薬や年齢、どこにいてどのような教育を受けてきたかなどを教えてもらいました。

この結果は、4万人以上の人々がアンケートと認知機能テストに回答したものです。

睡眠不足や睡眠過多は、老若男女を問わず、脳に悪影響を及ぼしていました。

脳を最高の状態に保つための最適な睡眠時間は、毎晩7〜8時間であることがわかりました。この時間は、体を最高の状態に保つために必要だと医師が言う時間にも相当します。

また、それ以上の睡眠時間をとっている人は、睡眠時間が短すぎる人と同じように障害があることもわかりました。



タイトルとURLをコピーしました