人生の目的を見つけるための4つの方法

ビジネス

多くの人にとって、人生を精一杯生きる能力は、目的を見つけて実行する能力にかかっています。人生の目的を見つけると、多くの人にとって人生はより意味のあるものになります。

目的を見つけ、それを果たすことが人生の決定的な特徴であるべきではありませんが、その目的をうまく決定することが、自分のモチベーションや助けになることは否定できません。そんな自分のために、人生の目的を見つけるための4つの方法をご紹介します。

自分に厳しい質問をする

目的を見つけるためには、自分自身を深く知ることが必要です。そのためには、自分自身に難しい質問をして、その答えを見つけることが大切です。自分を見つめ直す質問は、ほとんどの人が正しく答えられないものであり、自分の目的を最も明らかにしてくれるものでもあります。
ここでは、自分自身に問うべき質問をいくつか紹介します。

自分のモチベーションやエネルギーになるものは何か?

情熱や願望は、非常に本質的な動機付けとなり、自分を新たな高みに押し上げ、それを実行するためのエネルギーで満たしてくれます。
目標を達成するためには、純粋なモチベーションだけでは不十分ですが、最初からそのようなモチベーションや意欲を持っていることは、情熱の証であり、確実に優位に立つことができます。

自分がエネルギーやモチベーションを感じるものは何か、それは自分の目的が自分に呼びかけているのかもしれません。

何を望んでいるのか?

子供たちは、自分の夢について、より率直で積極的なことが多い。子供たちは、おかしなことを言ったり、奇妙な野望を誇らしげに語ったりします。そのような子供の頃の夢のうち、より空想的な部分を実現することはおそらくできませんが、自分の中の内なる子供はまだそのような考えを持ち続けています。子供に接して、相手が何を望んでいるのか聞いてみましょう。

人助けがしたいのか?舞台に立ちたいのか?友達を100人作りたいのか?どうすれば、これらの願望の精神を満たすことができるでしょうか?悩んでいるなら、子供の頃に一番好きだったものは何か、若い頃の野望は何だったかを自分に問いかけてみるといいです。

自分は誰になりたいのか?

自分にインスピレーションを与えてくれる人や、尊敬している人について考えてみましょう。他の人からどのように見られたいのか、周りの人にとってどのような存在になりたいのかを考えてみましょう。そして、最も重要なことは、自分自身がなりたい自分について考えることです。自分の目的は、これらの願望を中心としたものかもしれません。

年老いて白髪になったとき、何を振り返ってほしいですか?

老後の自分の姿を想像してみてください。未来の自分には、どんなことを誇りに思ってほしいですか?振り返って懐かしんでもらいたいことは何ですか?さて、どうやってそこにたどり着くのでしょうか?

これは「バックワード・プランニング」と呼ばれる手法で、ゴールを思い描くことから始めて、どのようなステップを踏めばよいかを逆算していくものです。
この方法は、目的を達成するために正確な計画を立てるための、素晴らしく前向きな方法です。

自分は誰をどのように助けたいですか?

多くの人は、人助けをすることが人生の大きな目的であると考えていますが、単純にそのように言うには少し幅が広いかもしれません。そこで、「誰を助けたいのか」「どうやって助けたいのか」を考えてみましょう。ボランティアや利他的な活動に時間を費やすことで、その目的を見出すことができるかもしれませんし、そうすることで幸福感が増すという結果もあります。

自分の人生の主な目標が人助けにあるかどうかわからない?
しかし、それは自分が助けたい人がいないということではありません。その過程で、自分自身をどのように助けたいのかを問いかけてみるのもいいです。

もし何かできるとしたら、それは何ですか?

自分の考えやアイデアを現実的なものにするのは良いことですが、目的を見つけることと同じくらい重要な作業をする必要があるときは、大きな夢を見ても害はありません。もし、完璧な一日を作ることができるとしたら、それは何ですか?

もし、お金に糸目をつけないとしたら、自分は何をしますか?
もし明日、まったく新しい自分に生まれ変わるとしたら、誰になりたい?このような大げさでドラマチックな質問は、自分の情熱や純粋にやりたいことを浮き彫りにするのに役立ちます。

累計販売数40万本突破のミラブルシリーズ商品『どこでもミラバス』

視野を広げる

自分の視野が狭いと、生きがいを見つけるのは難しいものです。実際、多くの人が目標を見つけるのに苦労しているのは、何が自分の心に響くのか、視野を大きく広げていないからです。そんなことがあってはいけません。

人生の目的を見つけるためには、自分の狭い視野から離れて、他のパラダイムを探す必要があります。新しい視点に出会うたびに賛成する必要はありませんが、そこから学び、新しい経験を通して自分のレンズを形成することは可能です。ここでは、人生の目的を見つけるために、自分の視点から一歩踏み出す方法をいくつかご紹介します。

自分のためのスペースを作る

自分の目的を見つけるためには、翼を広げて成長するためのスペースが必要です。スペースがなければ、実験や学習ができず、自分が見つけた人生の意味に成長することができません。

目的を持つことは簡単だと思われがちですが、他のことに比べれば自然なことだと思いますが、努力が必要ないということではありません。その目的を達成するためには、自分自身を成長させる必要がありますし、困難や疑問に直面することもあるでしょう。だからこそ、このスペースはとても重要なのです。

もちろん、「スペースを作る」という言葉にはさまざまな意味がありますが、人生の目的を見つけるためには、そのどれもが同じように重要かもしれません。自分の人生に意味を見出すために、スペースを確保する方法をご紹介します。

自分のために時間を使う

セルフケアは全体的な健康に不可欠な要素であり、精神的、肉体的な健康に多くの利点があると研究では言われています。自分のために時間を割くことは、幸福感を高めるだけでなく、自分の目的を追求する能力を高めることにもつながります。

疲れているときには、自分が求めるものを見つけるのは難しいものです。情熱や興味のあることを認識するためには、エネルギー、ポジティブな思考、モチベーションが必要ですが、自分自身を大切にしていなければ、それはできません。

コミュニティを見つける

人生に意味を見出そうとするとき、ポジティブな人たちのサポートシステムは不可欠です。否定的な人や、自分の情熱を理解せずに何かとサポートしてくれる人に囲まれていると、自分の足を引っ張ってしまいます。友人や同僚、あるいは自分と同じような目標を持つ人たちのための特定のグループなど、親切でサポートしてくれる人たちに囲まれていると、自分に合った空間を見つけることができます。このスペースでは、アイデアや助け、励ましを与えたり、受け取ったりすることができます。

柔軟性を持つ

人生は不思議なもので、思ってもみなかったような場所に連れて行ってくれるものです。人生の目的に対する考え方を柔軟にすることは、流れに身を任せ、存在の混沌とした変化し続ける性質を受け入れるために不可欠です。時には、自分の目的が当初考えていたものとは異なるかもしれませんが、それは構いません。柔軟に対応できないと、アイデアだけが好きで実行できない偽りの目的にとらわれてしまう可能性があります。

ポジティブに考える

ポジティブな考え方や良い思考パターンは、人生の目的を模索する際に役立ちます。その目的が現れるまでに時間がかかることもありますが、その間は今の生活を楽しむしかありません。ポジティブに考えれば考えるほど、目的がより早く見つかるかもしれません。ここでは、ポジティブな思考で人生の目的を見つけるためのヒントをご紹介します。

自分を受け入れる

自分にはユニークな長所、欠点、癖があり、それが自分を唯一無二の素晴らしい人間にしています。自分を向上させることは良いことですが、今の自分を受け入れることも大切です。自分を受け入れることで、人生の目的をより簡単に見つけることができるようになります。

豊かさを意識する

豊かさの考え方とは、「今ここ」に感謝し、今あるものに感謝し、成功は競争ではないことを知っているので、人生に時間をかけることです。このような考え方は、自分の目的や旅の全体像の捉え方にも良い影響を与えます。なぜなら、最終的にどこに到達するかではなく、今何ができるかに集中するからです。

自分の好きなことをする

自分の目的は、自分が楽しんでいることの中にあります。たとえそれが社会では実用的でないものであっても、好きなことを奪わないでください。自分のお腹に火をつけるようなことを続けていれば、より幸せになり、目的を見つけやすくなります。

人生の目的を見つけるためのいくつかの方法

人生の目的を見つけるのは難しいかもしれませんが、その多くは時間をかけることと関係しています。
自分自身を知り、興味のあることを探求し、新しい視点を養い、新しい友人を作り、自分自身を大切にすることで、目的を見つけることができます。
あるいは、より多くの場合、目的は自分を見つけに来ます。



お気に入り
タイトルとURLをコピーしました