Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

学習後の睡眠が記憶力を高めるメカニズム

 

学習と睡眠によって生じる運動野の物理的変化。

学習後の睡眠は、脳細胞が他の脳細胞と結合するのを促すことが分かりました。

樹状突起と呼ばれるこの結合は、シナプスを介した情報の流れを可能にする。

学習と睡眠の結果として生じる運動皮質の物理的変化を分かっています。

睡眠が学習や記憶に重要な役割を果たしていることは、以前から知られていました。よく眠れなければ、うまく学習できません。

しかし、この現象を引き起こす根本的な物理的メカニズムは何なのでしょうか?

ここでは、長期記憶を促進する可能性のある樹状突起上の非常に特異的な結合を、睡眠によってニューロンが形成する様子を示しました。

また、学習の種類によって、同じニューロンの異なる枝にシナプスが形成されることも示しており、学習が脳内で非常に特異的な構造変化を引き起こすことを分かっています。

棒の上でバランスをとることを学んだ後、寝かせたり、寝かせなかったマウスがいました。

睡眠をとった脳では、樹状突起がより多く成長していました。

さらに、学習した課題の種類(棒の上を前方に走るのか後方に走るのか)が、樹状突起の成長する場所に影響を与えました。

新しいことを学ぶとき、ニューロンは特定の枝に新しい結合を形成することがわかっています。

ある枝には葉(棘)が生えるが、別の枝には生えない木を想像してください。何か新しいことを学ぶとき、特定の枝に葉を生やすようなものなのです。

タイトルとURLをコピーしました