Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

ビジネスや会社経営・仕事で問題解決を得意にする方法とは?

経営者である以上、予期せぬトラブルを予測し、対処することが必要です。将来がどうなるかわからなくても、困難な時期を乗り切れるように、いくつかのプランを用意しておくとよいです。

問題を迅速かつ効果的に解決できることは、ビジネスにおいて貴重なスキルです。これを実現できれば、たとえ事前に計画していなかったとしても、どんな問題でも解決策を見出すことができるようになります。ビジネスにおいて、優れた問題解決能力を身につけることは良いことです。

問題の定義

問題を発見したとき、多くの人がまず最初にすることは、すぐに解決策を探し始めることです。しかし、その問題や根本的な原因をよく見ておかないと、最適な解決策を見出すことができないかもしれません。その結果、事態を悪化させることになりかねません。

問題を明確にしてから解決策を考えることで、時間、費用、労力を節約し、より好ましい結果を得ることができます。

デザイン思考で複数の解決策

デザイン思考で問題を解決することは、優れたアイデアであり、どんな経営者でも手元に置いておくことが賢明です。デザイン思考では、自分だけが解決策を考えるのではなく、さまざまな人がさまざまなアイデアや視点を持ち、それらを組み合わせることで、どんなに才能と経験があっても一人ではできないような解決策を生み出すことができるのです。

デザイン思考のゴールは、問題をより小さく、管理しやすいピースに分解し、最終的に顧客と企業の双方が利益を得られるようにすることです。

そのためには、チームメンバーそれぞれの才能を生かし、さまざまな角度から課題に取り組む必要があります。時には、商業施設の修復など、外部の専門家に依頼することも必要です。そして、それがベストな選択であることを理解することが、何よりも大切なのです。

市場調査の実施

市場調査は一回きりの作業で、経営者が無視できると思うのは間違いです。自分の会社がそうであるように、顧客の要求は時間とともに変化します。

相手が自分に何を求めているのかに目を向けなければ、いつかは時代遅れ、あるいは陳腐化したとみなされることになるです。

顧客は自分にお金を使うのをやめ、市場の動きに追従している競合他社にお金を使い始めるでしょうし、自分はその対応に多くの問題を抱えることになります。

ですから、頻繁に市場調査を行い、何よりも変化が必要だと理解したら、余裕を持って調整を行うことが重要です。問題を発見しておきながら、顧客や競合他社の調査を怠ることほど、企業経営者がしやすい失敗はないです。

あわせて読みたい